藪准教授、第3回物質・デバイス共同研究賞受賞

2021年10月04日

AIMRジュニア主任研究者の藪 浩 准教授が、物質・デバイス領域共同研究拠点より「第3回物質・デバイス共同研究賞」を受賞しました。

この賞は、物質・デバイス領域共同研究拠点より、物質・デバイス研究の発展に多大なる寄与をした共同研究課題および研究グループへ授与されるものです。藪准教授は「金属錯体分子の電子状態観察」が評価されての受賞となります。

物質・デバイス領域共同研究拠点は、日本列島を縦断する5つの研究所(北海道大学電子科学研究所、東北大学多元物質科学研究所、東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所(旧資源化学研究所)、大阪大学産業科学研究所、九州大学先導物質化学研究所)が参画する全国規模のネットワーク型の共同研究拠点として、2010年に発足された組織です。同拠点における事業は、「ネットワーク型共同研究拠点事業」と拠点を形成する附置研究所間で推進する「課題解決型アライアンスプロジェクト事業」から成り立っています。

関連情報

問い合わせ先

東北大学材料科学高等研究所(AIMR) 広報戦略室

Tel: 022-217-6146
E-mail: aimr-outreach@grp.tohoku.ac.jp