深見教授、第19回日本学術振興会賞受賞

2022年12月16日

AIMR主任研究者の深見俊輔教授が、独立行政法人日本学術振興会の第19回(令和4年度)日本学術振興会賞を受賞しました。

この賞は、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を見出し、早い段階から顕彰することで、その研究意欲を高め、研究の発展を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的とし、平成16年度に創設されました。

深見教授は、「新機能スピントロニクス素子の研究開発と新概念コンピューティングへの展開」における研究業績が評価されての受賞となります。

関連情報

問い合わせ先

東北大学材料科学高等研究所(AIMR) 広報戦略室

Tel: 022-217-6146
E-mail: aimr-outreach@grp.tohoku.ac.jp