ラッセル教授、2020年Clifford G. Shull Prizeを受賞

2020年07月28日

AIMR主任研究者のトーマス・ラッセル教授が、Neutron Scattering Society of America(NSSA)の2020年Clifford G. Shull Prizeを受賞しました。

この賞は、北米の中性子科学の発展に寄与した優れた研究業績に対してNSSAから贈呈されるもので、1994年にノーベル物理学賞を受賞したClifford G. Shull氏にちなんで設けられた賞です。

ラッセル教授は、高分子科学への中性子散乱の応用において極めて重要な役割を果たしたことが評価されての受賞となります。

授賞式および記念講演は2020年7月20日(月)のNSSA年次総会で行われました。

関連情報

問い合わせ先

東北大学材料科学高等研究所(AIMR)
広報戦略室

Tel: 022-217-6146
E-mail: aimr-outreach@grp.tohoku.ac.jp