ディーテル教授、応用物理学会国際フェローに選出

2019年07月25日

award_190725_02.jpg

AIMR主任研究者のトーマス・ディーテル教授が、第13回応用物理学会国際フェローに選出されました。

応用物理学会フェロー表彰制度は、学術・研究における先駆的な業績、産業技術の開発・育成における重要な業績、教育・公益活動を通した人材育成や教育における業績などにより、応用物理学の発展に顕著な貢献をした者を表彰する制度です。

2012年度からは,応用物理学会の発展に多大な功績をあげた海外在住者を対象とする国際フェロー表彰も始まりました。ディーテル教授は「半導体スピントロニクスに関する先駆的研究と国際共同研究」が評価され、国際フェローとしての受賞となります。

授賞式は2019年9月18日(水)~21日(土)に北海道大学で開催される第80回応用物理学会秋季学術講演会において行われ、会期中には特別講演も予定されています。

関連情報

問い合わせ先

東北大学材料科学高等研究所(AIMR) 広報・アウトリーチオフィス

TEL : 022-217-6146
E-MAIL : aimr-outreach@grp.tohoku.ac.jp