沿革

2007年9月 WPI拠点認定
2007年10月 原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR)設置
山本嘉則機構長就任
2008年3月 4つの研究グループを設置
2009年5月 AIMRラボ棟竣工
2011年4月 数学ユニット設置
2011年12月 AIMR本館竣工
2012年4月 小谷元子拠点長就任
2012年5月 インターフェースユニット設置
ケンブリッジ大学(英国)にジョイントリサーチセンター設置
2014年5月 シカゴ大学(米国)にジョイントリサーチセンター設置
2015年4月 数学連携グループ(新しいタブで開きます)設置(数学ユニット、インターフェースユニット、材料物理グループ(理論計算チーム)を統合)
2016年6月 産業技術総合研究所・東北大学:数理先端材料モデリングオープンイノベーションラボラトリ(MathAM-OIL)(新しいタブで開きます)設立
2017年4月 材料科学高等研究所に改称
2017年8月 WPIアカデミー拠点に認定
2018年4月 理化学研究所数理創造プログラム(iTHEMS)-AIMR連携研究室:SUURI-COOL (Sendai)(新しいタブで開きます)設立
2018年6月 清華大学(中国)にジョイントリサーチセンター設置
2019年10月 折茂慎一所長就任
2019年12月 数理科学オープンイノベーションセンター(新しいタブで開きます)設置
2021年4月 広報戦略室およびAIMR東京分室設置
2021年6月 AIMRアドバイザリーボード設置