トップマネージメント

AIMRでは、臨機応変で迅速な意思決定ができるよう、教授会のような合議制による意思決定機関は設置せず、所長によるトップダウン型の運営を行っています。研究所全体への所長の意思の徹底と情報交換により、AIMRが世界最高峰の材料科学研究所として発展できるよう、PI(主任研究者)連絡会議を開催し、適切な判断を下しています。これに加えて、若手研究者で構成するワーキンググループを開催することで、決定事項を直ちに研究所全体に反映できるようにしています。

所長

小谷元子
教授・数学連携グループ主任研究者

小谷元子教授は、数学(幾何学)を専門とし、2005年に「離散幾何学解析学による結晶格子の研究」によって第25回猿橋賞を受賞するなど、数学分野での顕著な研究成果を有するとともに、科学技術振興機構(JST)の戦略的創造推進事業(CREST)「離散幾何学から提案する新物質創成と物性発現の解明」(2008年~2014年)の研究代表者として、数学と物質・材料科学の連携を精力的に推進し、その後AIMRにて展開することとなった『数学-材料科学連携』の基礎を築きました。

小谷教授は多くの短期・中期海外研究歴をもち国際的感覚も兼ね備え、また、東北大学総長特任補佐や研究担当副理事として大学運営にも関わるなど管理運営の経験も十分に有しており、更に、日本学術会議連携会員、同数理科学委員会委員、日本数学会理事長、総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)有識者議員などを歴任し、日本全体の数学振興、科学技術・イノベーション政策の企画立案にも貢献してきております。

AIMRでは、2011年5月に副機構長、2012年4月に機構長に就任いたしました(2017年4月、AIMRの日本語名称が材料科学高等研究所に改称されたのに伴い、現在は所長)。これまでの研究実績を活かして数学-材料科学連携による予見性のある新しい材料科学創出を推し進め、また、主任研究者として自らの研究と若手育成にも注力しつつ、研究所全体の管理・運営を指揮しています。

研究支援部門長

池田 進
准教授

池田 進准教授は1990年3月に東北大学理学部(地学科地学第二)を卒業、岩石、鉱物、セメント、表面、有機半導体等、様々な分野での研究を経験した物質・材料科学者であり、東京大学を経て2008年より東北大学AIMRに参画しました。2011年からは研究担当副事務部門長としてAIMR事務部門内での研究支援に関係する諸事を担当、また、2018年4月1日から研究支援部門長として所長の研究所運営をバックアップしています(2018年4月1日、旧事務部門と旧研究支援センターを統合し、研究支援部門と改称しました)。

池田准教授は、様々な物質・材料科学分野における研究経験を基盤として、異分野間の融合研究推進、特に、AIMRが打ち出した数学-材料科学連携に基づく予見性のある新しい材料科学創出の支援に力を入れてきました。地域高校生への科学啓蒙も含め、AIMRの研究活動を社会に還元していくことにも注力し、地域の中にある理想的な世界トップレベル研究拠点実現を目指して日々の活動に取り組んでいます。

副研究支援部門長

船田 正幸
副研究支援部門長

船田 正幸副研究支援部門長は総務担当としてAIMRにおける庶務、人事、研究協力、会計、国際推進等、諸業務のマネージメントを担当しています。AIMRが材料科学分野における真の世界トップレベル研究拠点であり続けるためには、何よりも研究者が安心して研究に専念できる環境が不可欠であり、自ずとその基盤となる管理的諸業務も世界水準であることが求められます。

船田副研究支援部門長は、1994年の東北大学入職以来、長きに渡り大学本部で法務担当のスペシャリストとして法規、組織整備、評価等、大学の基盤的業務を担当するとともに、安全保障輸出管理においては初代の室長として東北大学モデルを構築するなど、本学の様々な組織・システムの構築・改革を担ってきた経験を活かし、AIMRにおける管理的諸業務が世界水準であるためには何が必要で、何を措置すべきかを常に考え、日々その実現に取り組んでいます。