2022/9/14更新(COVID-19関係のお知らせ・参考資料)

材料科学高等研究所COVID-19感染症対策本部
aimr-covid-19[at]grp.tohoku.ac.jp※[at]を@に置き換えてください

本学のBCPレベルが改訂されました。これに伴いAIMRの行動指針をレベル1に引き下げます。以下のガイダンスを遵守して研究活動等を行ってください。

レベル1とは(5/23発令)

研究活動

各部局の管理体制による感染防止対策を徹底することで、研究活動を行います。

学内会議

感染拡大に最大限の配慮をして、対面会議を行います。オンライン会議も活用します。

事務体制

感染拡大に最大限の配慮をして、ほぼ通常の勤務を行います。テレワークも活用します。

具合が悪いと感じたら

特設ウェブページ「東北大学 新型コロナウイルスBCP対応ガイド(新しいタブで開きます)」の相談・受診判断のフロー図に従い行動してください。

具体的な症状

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状がある
  • 発熱や咳などの風邪症状がある(比較的軽い風邪症状も含む)
  • 発熱を認めないが体調不良を自覚する場合

以下に公的な相談窓口を示しますが、不安を感じた場合や、自身の体調を考慮して、かかりつけ医や発熱外来なども利用してPCR検査や抗原検査を受検できます。

相談窓口

日本人向け

  • 宮城県・仙台市共通の一般電話相談窓口(コールセンター)
    TEL:022-398-9211 24時間対応
  • 厚生労働省 電話相談窓口
    TEL:0120-565653(フリーダイヤル)午前9時~午後9時

最新の情報は仙台市ホームページをご確認ください。

外国人向け

  • 日本政府観光局(JNTO)外国人旅行者向けコールセンター「Japan Visitor Hotline」
    TEL:050-3816-2787
    Available on 365 days/24 hours, in English, Chinese, and Korean

PCR検査を受けることになったら

PCR検査を受けることになった場合には、速やかに対策本部に連絡してください。

材料科学高等研究所COVID-19感染症対策本部
aimr-covid-19[at]grp.tohoku.ac.jp※[at]を@に置き換えてください

報告事項

  • 氏名
  • 所属(職名・職員番号 学年・学籍番号)
  • 住居(寮)
  • 症状が出現した日
  • 具体的な症状
  • 現在の健康状態
  • 最終登校日・最終出勤日
  • 医療機関の受診状況
  • PCR検査または抗原検査実施日
  • PCR検査または抗原検査の結果判明日
  • PCR検査または抗原検査の結果

材料科学高等研究所への来訪者対応

勤務場所が宮城県内にあるAIMR研究者・職員等以外の方がAIMRの建物に入館する場合は、AIMR行動指針(BCP)「⑤来訪者」の内容に則りご対応ください。

日常生活(在宅勤務を含む)でのお願い

  • 接触・飛沫感染防止の徹底
    • 接触感染の防止
      • 物品・機器等(例:電話、パソコン、フリーアドレスのデスク等)は複数人で共用せず、消毒を徹底している。
        動線上の接触箇所(ドアノブ等)の消毒を徹底している。
      • せっけんによる手洗いを徹底し、手指消毒用アルコールを備え付けて使用している。
    • 飛沫感染の防止
      • マスクを着用し、研究室、居室等においては、人と人との間に十分な距離を保持している。
      • 密閉空間・密接状態での議論等を避けるなど、勤務場所での飛沫感染を避けるための対策を行っている。
      • 感染拡大に最大限の配慮をして、対面会議を行っている。
        テレビ会議、電話、電子メール等も併用している。
      • 食事の前後にせっけんで手を洗う、対面での食事を避け、食事中の会話を控える、料理等をお皿から取り分けしない、多人数での食事をを避けるために時間をずらす、などに注意している。
    • 換気の徹底等
      • 職場の建物が機械換気(空気調和設備、機械換気設備)の場合、換気設備を適切に運転・管理している。
        窓が開閉可能な場合、可能な範囲で窓を開けて換気を行っている。
  • 健康管理の徹底
    • 朝晩の検温等の毎日の健康管理記録をとっている。
    • 少しでも症状のある者は在宅勤務とし、決して出勤させていない。
  • すべての関係者の名簿管理と入退室等の活動歴の記録の徹底
    • 接触追跡ができるよう、各人の入退室等の活動歴を研究室の責任において記録している。
    • すべての関係者の緊急連絡体制を構築している。
  • 通勤時の感染防止行動の徹底
    • 公共交通機関を利用する場合、マスクを着用し、不必要な会話等を抑制している。
      場合によっては時差出勤を行う。
    • 出勤後、帰宅後の手洗いや手指のアルコール消毒を徹底している。
  • 出張および催事時の対応

各種相談窓口

AIMRで研究を行う学生の皆さんへ

  • 研究活動に関する要請
    • AIMR行動指針(BCP)「①オンサイトでの研究活動」の内容に則った活動を行ってください。
  • 自身の健康管理の徹底
    • 日々検温し、値を記録してください。
    • その日の簡単な行動記録をつけるよう心掛けてください。
  • 日常に生活における要請
    • 大学生の感染要因を見ると、多くは、旅行や課外活動後の会食等によるものです。大人数での懇親会等は行わないなど感染リスクを考えた責任ある行動と感染予防の徹底をお願いします。
    • 「3密」環境となるアルバイトは従事しないよう強く要請します。
      ※アルバイトの自粛により経済的な心配が生じる方は「東北大学学生支援パッケージ(新しいタブで開きます)」をご活用ください。

各種相談窓口

その他の参考情報

なお、学部・研究科ごとに連絡される事項もありますので、こまめに各学部・研究科等のウェブサイトも確認してください。

COVID-19関係のお知らせ・参考資料

学内接続限定、学外からはAIMRもしくはTAINSが提供するVPN接続を通じてアクセスください。
AIMRが提供するVPN接続のマニュアル for Windows | for MacOS