【5/28】第36回「AIMR Tea Time Talk」のご案内

2021年04月16日

講演者

Magda Titirici 教授
(英国・インペリアルカレッジロンドン・化学工学専攻 / AIMR主任研究者)

講演題目

Black is the new Green: Sustainable Carbon Materials for Transition to Net Zero

日時

2021年5月28日(金)17:00~18:00

会場

オンライン (Zoom)

講演要旨

Materials sustainability is particularly important when building future energy storage and conversion technologies. Such energy technologies are crucial to ensure the transition towards a zero emissions society but are relying heavily on materials. We must address the fine balance between the development of emerging energy technologies and the materials we use to build them. Today, scarce metals are the most important components of energy storage and conversion systems. Cobalt and graphite are in the cathodes and anodes of Li-ion batteries. With the accelerated development of Li-ion battery technologies, there is a huge demand not only for Cobalt and graphite but also for Li itself, which is geographically confined to Bolivia Chile and Argentina. Hence, we need innovative energy storage technologies beyond Li. Iridium and Platinum are the catalysts of choice for H2 production from water and its utilization in fuel cells to generate clean electricity. The current available supply for these metals cannot sustain the expansion of such technologies at a global scale. We need alternative electrocatalysts and sources for H2 production and H2 use in fuel cells. Gallium, Tellurium, Indium are used in solar cells and photocatalytic systems for solar fuel production. These materials are scarce, and alternatives must be sought for the next generation of solar panels and photocatalytic systems.

In this talk I will present some of our innovations in the design of sustainable materials alternatives to be efficiently utilized in energy storage and conversion technologies. Examples will range from efficient and sustainable batteries beyond Li to alternative catalysts to Pt for fuel cell’s cathodes as well as alternative biowaste sources to water for the production of affordable and clean H2. A new family of photoactive nanomaterials made from biomass, i.e carbon dots, will also be discussed for potential use in solar H2 production.

Prof. Magda Titirici is a Professor of Sustainable Energy Materials at Imperial College London in the Department of Chemical Engineering where she is also the Director of Research.
Her research interests are in the area of sustainable materials for energy storage and conversion technologies with focus on batteries beyond Li, electrocatalysis for oxygen reduction and evolution reactions as well as biomass electrolysis.
Prof. Titirici has published over 250 papers in this area cited over 27.000 times and has many awards from Royal Society of Chemistry, Royal Academy of Engineering, Chinese Academy of Science, Institute of Materials and Mines, etc. She is an associate editor for J. Mater. Chem A with RSC and greatly collaborates with Wiley where she sits in many editorial boards (i.e, Advanced Functional Materials, Advanced Sustainability and Energy research, ChemSusChem and many mores). She is also passionate about outreach and a big promoter of equality and diversity in science and engineering working on many projects with Royal Society of Chemistry for a more diverse scientific community worldwide.
In April 2021, Prof. Titirici joined AIMR as Principal Investigator.

Tea Time Talk について

世界の著名研究者とAIMRの若手研究者との交流を目的とし、AIMR Friday Tea Timeを利用してリラックスした雰囲気の中で行う講演会です。お茶をいただきながら、活発な議論がなされるのが特色となっています。これまでに下記の研究者に講演いただいております。

第1回 2012年5月25日 Thomas P. Russell 教授(米国・マサチューセッツ大学アマースト校)
第2回 2012年7月6日 Winfried Teizer 教授(米国・テキサスA&M大学)
第3回 2012年8月10日 Alan Lindsay Greer 教授(英国・ケンブリッジ大学)
第4回 2012年8月17日 Alain Reza Yavari 教授(フランス・グルノーブル工科大学)
第5回 2012年8月31日 John H. Perepezko 教授(米国・ウィスコンシン大学マディソン校)
第6回 2013年1月18日 Tomasz Dietl 教授(ポーランド科学アカデミー)
第7回 2013年4月12日 Yiming Li 教授(台湾・国立交通大学)
第8回 2013年6月28日 Bjorn Mysen 博士(米国・カーネギー研究所・地球物理学研究施設)
第9回 2013年10月1日 Yuan T. Lee 博士(台湾中央研究院・1986年ノーベル化学賞受賞者)
第10回 2013年11月19日 Pawel Hawrylak 博士(カナダ国立研究機構)
第11回 2014年6月27日 Michael B. Santos 教授(米国・オクラホマ大学)
第12回 2015年6月26日 B. Muralidharan 博士(インド工科大学ボンベイ)
第13回 2016年5月13日 Jean-Yves Cavaillé 教授(ELyT MaX(東北大学に設置のジョイントラボ), フランス・リヨン大学)
第14回 2016年6月17日 福村 知昭 教授(東北大学AIMR)
第15回 2016年9月30日 C. Suryanarayana 教授(米国・セントラルフロリダ大学)
第16回 2016年11月29日 David Guy Austing 博士(カナダ国立研究機構)
第17回 2017年4月28日 平野 愛弓 教授(東北大学AIMR)
第18回 2017年6月23日 Denis Arčon 教授(Jožef Stefan Institute, Slovenia)
第19回 2017年6月30日 中西 毅 博士(産業技術総合研究所、産総研・東北大数理先端材料モデリングオープンイノベーションラボラトリ(MathAM-OIL))
第20回 2017年7月7日 Arun Bansil 教授(米国・ノースイースタン大学)
第21回 2017年7月21日 Gael Sebald 教授(フランス・INSA Lyon / ELyT MaX Lab at Tohoku University)
第22回 2017年7月28日 Nicolas Mary 教授(フランス・INSA Lyon / ELyT MaX Lab at Tohoku University)
第23回 2017年12月8日 Jean-Yves Cavaillé 教授(フランス・INSA Lyon / ELyT MaX Lab at Tohoku University)
第24回 2018年4月27日 塚田 捷 特任教授(東北大学AIMR)
第25回 2018年5月11日 Pierre-Antoine Geslin 博士(フランス・Mateis lab, INSA Lyon/CNRS・ELyTMaXLab at Tohoku University・東北大学金属材料研究所)
第26回 2018年7月13日 小野 新平 博士(一般財団法人電力中央研究所)
第27回 2018年12月14日 求 幸年 教授(東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻)
第28回 2019年5月17日 Damien Fabrègue 教授(フランス・INSA Lyon / ELyT MaX Lab at Tohoku University)
第29回 2019年7月12日 Qian Niu 教授(米国・テキサス大学オースティン校)
第30回 2019年10月25日 Frédéric Gillot 准教授(フランス エコール・サントラル・ドゥ・リヨン)
第31回 2020年1月17日 Mickaël Lallart 教授(フランス・INSA Lyon / リヨン大学)
第32回 2020年1月17日 山内 美穂 教授(I2CNER / 九州大学)
第33回 2020年7月17日 玉田 薫 教授(先導物質化学研究所 / 九州大学)
第34回 2020年10月23日 塚越 一仁 博士(MANA / 国立研究開発法人物質・材料研究機構)
第35回 2021年3月26日 Yaroslav Blanter 教授(オランダ・デルフト工科大学)
第36回 2021年5月28日 Magda Titirici 教授(英国・インペリアルカレッジロンドン)

問い合わせ先

AIMR国際推進係

住所 : 〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
Tel : 022-217-5971
E-mail : iac@grp.tohoku.ac.jp