【5/11】第25回AIMR Tea Time Talk

2018年05月01日

第25回AIMR Tea Time Talkのご案内

講演者

Pierre-Antoine Geslin 博士

(Mateis lab, INSA Lyon/CNRS
ELyTMaXLab at Tohoku University
東北大学金属材料研究所)

講演題目

Numerical investigation of the liquid metal dealloying process

日時

2018年5月11日(金) 16:00-17:00

会場

AIMR本館5階 交流スペース

講演趣旨

Liquid metal dealloying has emerged as a promising technique to produce finely porous structures of various nature (non-noble metals, refractory metals or semi-conductors) presenting a high surface area, valuable in a numerous applications (catalysis, battery materials, sensors,...). This process consists in immersing a binary precursor alloy in a liquid metal chosen such that only one element of the precursor alloy dissolves into the metallic melt while the other element reorganizes into a porous structure. The characteristics of the resulting porous material (ligament size, surface area, connectivity) depend on both the formation mechanism occurring at the dealloying front and the subsequent coarsening behavior of the structure by surface diffusion. Using a phase-field model, we first shed light on the details of the formation mechanism. In particular, we show that the onset of the dealloying reaction can be viewed as an interfacial spinodal decomposition and that the kinetics of the process limited by diffusion of the dealloyed element in the liquid phase. In addition, we also developed a phase-field model for surface diffusion to better understand the coarsening behavior of these connected structures. In particular, we demonstrate an influence of the topological characteristics (connectivity of the ligaments) on the coarsening kinetics of the structure.

Tea Time Talk について

世界の著名研究者とAIMRの若手研究者との交流を目的とし、AIMR Friday Tea Timeを利用してリラックスした雰囲気の中で行う講演会です。お茶をいただきながら、活発な議論がなされるのが特色となっています。これまでに下記の研究者に講演いただいております。

  • 第 1回  2012年 5月25日  Thomas P. Russell 教授 (米国・マサチューセッツ大学アマースト 校)
  • 第 2回  2012年 7月 6日  Winfried Teizer 教授 (米国・テキサスA&M大学)
  • 第 3回  2012年 8月10日  Alan Lindsay Greer 教授 (英国・ケンブリッジ大学)
  • 第 4回  2012年 8月17日  Alain Reza Yavari 教授 (フランス・グルノーブル工科大学)
  • 第 5回  2012年 8月31日  John H. Perepezko 教授 (米国・ウィスコンシン大学マディソン校)
  • 第 6回  2013年 1月18日  Tomasz Dietl 教授 (ポーランド科学アカデミー)
  • 第 7回  2013年 4月12日  Yiming Li 教授 (台湾・国立交通大学)
  • 第 8回  2013年 6月28日  Bjorn Mysen 博士 (米国・カーネギー研究所・地球物理学研究施設)
  • 第 9回  2013年10月 1日  Yuan T. Lee 博士 (台湾中央研究院・1986年ノーベル化学賞受賞者)
  • 第10回  2013年11月19日  Pawel Hawrylak 博士 (カナダ国立研究機構)
  • 第11回  2014年 6月27日  Michael B. Santos 教授 (米国・オクラホマ大学)
  • 第12回  2015年 6月26日  B. Muralidharan 博士 (インド工科大学ボンベイ)
  • 第13回  2016年 5月13日  Jean-Yves Cavaillé 教授 (ELyT MaX (東北大学に設置のジョイントラボ), フランス・リヨン大学)
  • 第14回  2016年 6月17日  福村知昭教授 (東北大学AIMR)
  • 第15回  2016年 9月30日  C. Suryanarayana 教授 (米国・セントラルフロリダ大学)
  • 第16回  2016年11月29日  David Guy Austing 博士 (カナダ国立研究機構)
  • 第17回  2017年 4月28日  平野愛弓教授 (東北大学AIMR)
  • 第18回  2017年 6月23日  Denis Arčon 教授 (Jožef Stefan Institute, Slovenia)
  • 第19回  2017年 6月30日  中西 毅 博士 (産業技術総合研究所、産総研・東北大数理先端材料モデリングオープンイノベーションラボラトリ(MathAM-OIL))
  • 第20回  2017年 7月 7日  Arun Bansil 教授 (米国・ノースイースタン大学)
  • 第21回  2017年 7月21日  Gael Sebald 教授 (フランス・INSA Lyon / ELyT MaX Lab at Tohoku University)
  • 第22回  2017年 7月28日  Nicolas Mary 教授 (フランス・INSA Lyon / ELyT MaX Lab at Tohoku University)
  • 第23回  2017年 12月8日  Jean-Yves Cavaillé 教授 (フランス・INSA Lyon / ELyT MaX Lab at Tohoku University)
  • 第24回  2018年 4月27日  塚田 捷 特任教授 (東北大学AIMR)

問い合わせ先

AIMR国際推進係

住所 : 〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
TEL : 022-217-5971
E-MAIL : iac@grp.tohoku.ac.jp