第24回AIMR Tea Time Talk(塚田捷特任教授最終講義)のご案内

2018年04月06日

AIMRでは、初期4年間は主任研究者として、またその後6年間は事務部門長としてAIMRの発展に多大な貢献をいただきました塚田 捷 特任教授に、最終講義をお願いすることにいたしました。講義終了後には送別会も予定しております。塚田先生と思い出を共有する多くの皆様のご出席をお待ちしております。

講演者

塚田 捷 特任教授
(東北大学特任教授・AIMR前事務部門長・東京大学名誉教授)

講演題目

Looking back Happy Days at AIMR -Electrons and atoms in nano-structures-

日時

2018年4月27日(金) 16:00-17:00 (17:15より送別会)

送別会に参加希望の方はこちらからお申込みください。

会場

AIMR本館5階 交流スペース

講演要旨

I spent the first 4 years as PI and the next 6 years as Administrative Director at AIMR. In the latter period, I experienced various unprecedented challenges to establish the identity of AIMR, Math-Mate cooperation, under leadership of Kotani-sensei. Various happy memories will be recalled with all of nice researchers, and excellent administration staff at AIMR.

In the next part of my talk, I will focus on my ever continued research interest on behaviors of individual or collective electrons and atoms, observed and controlled at surfaces and nano-structures. We will start from the mechanism of various SPM (scanning probe microscopy, STM, AFM, KPFM,..): why they achieve atomic resolution by macroscopic devices as tips and cantilevers, even in liquids. The topics are followed by strange electron behaviors in topological structures as in graphene molecules, C60, CNT (Carbon Nanotubes) helix, CNT Donuts, CNT junctions, CNT caps.

Important effect of disclination (topological defect such as a 5-member ring in matrix of normal 6 member rings) will be discussed. A large loop current often appears in these systems as a common feature, which is very characteristic of quantum flow. This feature also appears in atom wires or molecular bridges between nano-electrodes, when coupling of electromagnetic environment with electron charge is not significant. If the coupling is enhanced, particle nature of electron tends to prevail, and conductance changes dramatically, from coherent (quantum wave) regime to particle like (single electron) regime showing Coulomb Blockade or Frank-Condon Blockade. Competition between wavelike and particle like nature will be discussed in various systems.

Tea Time Talkについて

世界の著名研究者とAIMRの若手研究者との交流を目的とし、AIMR Friday Tea Timeを利用してリラックスした雰囲気の中で行う講演会です。お茶をいただきながら、活発な議論がなされるのが特色となっています。これまでに下記の研究者に講演いただいております。

 

  • 第 1回  2012年 5月25日  Thomas P. Russell 教授 (米国・マサチューセッツ大学アマースト 校)
  • 第 2回  2012年 7月 6日  Winfried Teizer 教授 (米国・テキサスA&M大学)
  • 第 3回  2012年 8月10日  Alan Lindsay Greer 教授 (英国・ケンブリッジ大学)
  • 第 4回  2012年 8月17日  Alain Reza Yavari 教授 (フランス・グルノーブル工科大学)
  • 第 5回  2012年 8月31日  John H. Perepezko 教授 (米国・ウィスコンシン大学マディソン校)
  • 第 6回  2013年 1月18日  Tomasz Dietl 教授 (ポーランド科学アカデミー)
  • 第 7回  2013年 4月12日  Yiming Li 教授 (台湾・国立交通大学)
  • 第 8回  2013年 6月28日  Bjorn Mysen 博士 (米国・カーネギー研究所・地球物理学研究施設)
  • 第 9回  2013年10月 1日  Yuan T. Lee 博士 (台湾中央研究院・1986年ノーベル化学賞受賞者)
  • 第10回  2013年11月19日  Pawel Hawrylak 博士 (カナダ国立研究機構)
  • 第11回  2014年 6月27日  Michael B. Santos 教授 (米国・オクラホマ大学)
  • 第12回  2015年 6月26日  B. Muralidharan 博士 (インド工科大学ボンベイ)
  • 第13回  2016年 5月13日  Jean-Yves Cavaillé 教授 (ELyT MaX (東北大学に設置のジョイントラボ), フランス・リヨン大学)
  • 第14回  2016年 6月17日  福村知昭教授 (東北大学AIMR)
  • 第15回  2016年 9月30日  C. Suryanarayana 教授 (米国・セントラルフロリダ大学)
  • 第16回  2016年11月29日  David Guy Austing 博士 (カナダ国立研究機構)
  • 第17回  2017年 4月28日  平野愛弓教授 (東北大学AIMR)
  • 第18回  2017年 6月23日  Denis Arčon 教授 (Jožef Stefan Institute, Slovenia)
  • 第19回  2017年 6月30日  中西 毅 博士 (産業技術総合研究所、産総研・東北大数理先端材料モデリングオープンイノベーションラボラトリ(MathAM-OIL))
  • 第20回  2017年 7月 7日  Arun Bansil 教授 (米国・ノースイースタン大学)
  • 第21回  2017年 7月21日  Gael Sebald 教授 (フランス・INSA Lyon / ELyT MaX Lab at Tohoku University)
  • 第22回  2017年 7月28日  Nicolas Mary 教授 (フランス・INSA Lyon / ELyT MaX Lab at Tohoku University)
  • 第23回  2017年 12月8日  Jean-Yves Cavaillé 教授 (フランス・INSA Lyon / ELyT MaX Lab at Tohoku University)

問い合わせ先

AIMR 研究支援部門長 池田 進

住所 : 〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
TEL : 022-217-5976
E-MAIL : sikeda@m.tohoku.ac.jp