海外サテライト

AIMRでは、海外の研究機関と複合分野間で双方向の交流を行うために、以下の3つの研究機関と海外サテライトとしての協定を結んでおります。この協定に基づいて、AIMRの研究者が現地で研究を行えるスペース「AIMR Joint Center」を設置することで、欧州・北米・アジアの各地域で材料科学をリードする研究機関と、特に重点的な共同研究を行える体制を整えています。

欧州におけるサテライト機関

国名 英国
大学名 ケンブリッジ大学
概要 学術交流協定に基いて"Non-equilibrium Materials and Soft Materials"をテーマとし、非平衡材料はPIであるAlan Lindsay Greerグループ等(Department of Materials Science & Metallurgy)と、ソフトマテリアルはDr. Erwin Reisner グループ等(Department of Chemistry)と共同研究を進めています。2013年にはDepartment of Pure Mathematics and Mathematical Statisticsとの学術交流協定も締結されました。

北米におけるサテライト機関

国名 米国
大学名 カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)
概要 "Organic Electronics and Condensed Phase Phenomena"をテーマとし、連携教授であるFred Wudlを中心としたCalifornia NanoSystems Institute(CNSI)と協定を締結しています。
国名 米国
大学名 シカゴ大学
概要 “Spintronics” と “Surface/Interface”の分野において、Prof. Awschalom及びProf. Nealeyと共同研究を進めています。

アジアにおけるサテライト機関

国名 中国
大学名 中国科学院化学研究所(ICCAS)
概要 "Molecular Nanotechnology and Devices"をテーマに、PIであるLi-Jun Wanを中心とし、協定を締結しています。