【12月18日開催】最新電池技術 市民講演会

2013年11月18日

この度、東北大学WPI-AIMRにて、日本化学会東北支部の市民講演会を開催します。電池の研究をご専門とされる先生方から、わかりやすく現在の電池の課題や、今後の取り組みに関してご講演頂きます。 講演会では、電池のご研究の一端を拝聴できる絶好の機会です。エネルギー科学等の分野に関心をお持ちの教職員、学部学生、大学院生をはじめ、本学関係者以外のどなたでも参加できます。お誘い合わせの上、是非ともご参加下さい。


主催

日本化学会東北支部

共催

電気化学会東北支部、東北大学原子分子材料科学高等研究機構

日時

2013年12月18日(水) 13時30分-16時30分

場所

東北大学原子分子材料科学高等研究機構本館 2Fセミナールーム
アクセス(新しいタブで開きます)

スケジュール

13:00 挨拶 末永智一
(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 教授)
 
13:40-14:30 奥村壮文
(株式会社日立製作所日立研究所 材料研究センター電池研究部)
リチウムイオン電池分野における日立の取組
14:30-15:20 駒場慎一
(東京理科大学理学部応用化学科,京都大学ESICB 教授)
希少資源と有害物質を使わない新型蓄電池
15:20-15:30 休憩  
15:30-16:00 八代圭司
(東北大学 大学院環境科学研究科 環境科学専攻 准教授)
固体酸化物形燃料電池の現状と信頼性・耐久性向上のための材料開発
16:00-16:30 宇根本篤
(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 ナノデバイス・プロセッシング研究室 講師)
水素を含む軽量材料で作る次世代電池

その他

参加費無料

関連リンク

日本化学会 東北支部(新しいタブで開きます)

 

問い合わせ先

東北大学 原子分子材料科学高等研究機構
教授 末永智一
助教 高橋康史

TEL : 022-217-6145
E-mail : takahashi@bioinfo.che.tohoku.ac.jp