"STT"の検索結果

  • 磁気トンネル接合素子、未踏の一桁ナノメートル領域で動作実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 電力高性能ワーキングメモリとしての実用化が期待されるSTT-MRAMの主要構成要素である磁気トンネル接合素子の新し... を電気的に制御して情報を記憶する不揮発性磁気メモリ(STT-MRAM)は現在世界中で盛んに研究開発が行われており、... 年にはいよいよこの原理を利用した不揮発性磁気メモリ(STT-MRAM) (注 1) の本格的量産化が開始される見通しと...
  • スピンダイナミクス: ナノ構造中のスピン運動を調べる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 合アレイを利用した「スピン・トランスファー・トルク(STT)」磁気抵抗ランダムアクセスメモリー(MRAM)である。... デバイスでは、情報は強磁性膜の磁化の方向で記憶され、STT相互作用を通して印加された電流により磁化方向(記憶)... が初めて正確に測定できるようになったという(図1)。 STT-MRAMの消費電力を下げるには、磁化のスイッチングに必...
  • マンガン系合金ナノ薄膜を用いたMRAM記憶素子の開発に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 。256メガビットの記憶容量を有するスピン注入書き込み(STT)-MRAMはすでにサンプル出荷されており、東芝を初めとす... メモリ)代替を目指したギガビットクラスの容量を有するSTT-MRAMの開発やSRAM(キャッシュメモリ)代替を目指した... 磁場が必要であり[図3(b)]、次世代の「超」ギガビットSTT-MRAMに対応できる高い垂直磁気異方性を有していること...
  • 磁気のない金属からナノ薄膜磁石を作ることに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 発を精力的に進めており、スピントランスファートルク(STT)型のSTT-MRAM 注1) を埋め込んだ半導体チップの量産が... コンセプトに直結する本質的な課題ともいえます。現行のSTT-MRAMでは鉄を主成分とする材料が用いられており、その... 語解説 注1)磁気抵抗ランダムアクセスメモリ(MRAM)、STT-MRAM 磁気抵抗素子を1ビット記憶素子とする不揮発性メ...
  • 大野教授らが文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... を行った人物やグループに贈られるもので、大野教授は「STT-RAM大容量化回路技術に関する先駆的研究開発」が評価さ...
  • AIMResearch-2010.pdf

    RESEARCH HIGHLIGHTS 2010 A publication of the WPI Advanced Institute for Materials Research RESE... countries throughout the world. The WPI-AIMR is host to over 100 leading researchers from around the wor... perience and research outcomes garnered over the past three years, it has become clear that the future of... l power of heteromaterial synergetics. These are just two examples of the ways in which the WPI-AIMR is i...
  • 室温動作スピントロニクス素子を用いて量子アニーリングマシンの機能を実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 年ごろからは書き込み(磁化反転)にスピン移行トルク(STT)を用いるSTT-MRAMの実用化が始まり、今後の市場の拡大...
  • 絶縁体に光を照射してスピン流を創り出す新しい原理を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... メモリーを構築可能であり、MRAM(磁気抵抗メモリー)やSTT-RAM(スピン注入メモリー)などがすでに製品化されてい...