"STEM"の検索結果

  • 熊谷准教授、King's STEM Alumni Award受賞

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... メディア・受賞情報 Media & Award 熊谷准教授、King's STEM Alumni Award受賞 2020年03月04日 熊谷明哉准教授が、... King's STEM Alumni Awardを受賞しました。 英国:King's College L... ni Awardsを授与しています。この賞の1つであるKing's STEM Alumni Awardは、科学・技術・工学・数学において卓越...
  • 相変態: 次世代ナノデバイスへの新展開

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 造を形成することができた 上図: 走査透過型電子顕微鏡(STEM)のナノプローブ(黄色)を用いて、従来のリソグラフィ... す模式図。下図: 4本のナノピラーを示す高角度散乱暗視野STEM像。ナノピラーの大きさと間隔は15ナノメートル未満。 参... て開発された 1 。この手法は、走査透過型電子顕微鏡法(STEM)の電子線ナノプローブ使ってナノスケールの微細なパタ...
  • 周期性とランダム性が共存する新しい原子構造を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 回、本研究グループは、最先端の走査透過型電子顕微鏡法(STEM) (注1)と第一原理計算(注2)を駆使し、一次元の周期性と... しました(図3a)。次に、球面収差補正器搭載・原子分解能STEMで[001]軸方位から観察したところ、ランダム領域の原子カ... を調べるため、理論計算による解析も行いました。まず、STEM像を元に原子構造モデルを作成し、密度汎関数法による第...
  • 二酸化チタン: 結晶界面を原子レベルで明らかに

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 確に特定する必要がある。従来の走査透過電子顕微鏡法(STEM)では重元素カラムの観察は可能であったが、酸素など軽... ある幾原雄一教授らは、収差補正高角環状暗視野(HAADF)STEMと、重元素と軽元素を同時に観察できる環状明視野(ABF) STEMという2種類の最先端のSTEM技術を用いて二酸化チタンの粒界を調べた。二酸化チタン...
  • インターフェース: 埋もれた界面を可視化する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 証明 図1: SiCとTi 3 SiC 2 の界面におけるZコントラストSTEM像。チタン原子を黄色い丸で、シリコン原子を緑色の丸で... 原子種を区別できるZコントラスト走査透過電子顕微鏡法(STEM)により、原子レベルの観察を行った。図1はそのSTEM像で... あったが、一方の構造には、炭素原子(低原子番号のためSTEM像では観察できない)が界面に位置していた(SiCSi配列)...
  • 反磁性機能酸化物で常磁性ナノピラーの高密度導入に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 図1: SrNbO 3.4 の[110]晶帯軸による (a) 暗視野(HAADF-STEM 注5) )像と (b) 明視野(ABF-STEM 注6) )像。層構造を持... 図2:(a) SrNbO 3.4 の[110]晶帯軸による暗視野(HAADF-STEM)像。赤枠は電子線照射を行う領域 (b) 照射後の暗視野像... 機能酸化物におけるナノピラー配列の模式図。赤矢印はSTEMの電子プローブを示す (b-d) SrNbO 3.4 に導入されたSrN...
  • サメの歯の原子構造の可視化に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... し、近年の球面収差補正器の発明や走査透過型電子顕微鏡(STEM)の技術および各種イメージングの技術革新によって、高... に示します。図2(a)は、高角度環状暗視野法(HAADF)によるSTEM像(以降HAADF-STEM像と呼びます)ですが、このコントラ... がわかります。一方、図2(b)は、環状明視野法(ABF)によるSTEM像(以降ABF-STEM像と呼びます)ですが、このコントラス...
  • 超硬材料: せん断帯を解像する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 変形過程を、球面収差補正走査透過電子顕微鏡法(Cs補正STEM)で調べた 1 。「衝撃性能に優れた新しい炭化ホウ素系材... 軽元素を高い空間分解能で観察できる環状明視野(ABF)-STEM法という手法を用いて、せん断帯の細部を詳しく調べた。... した可能性が考えられる。あるいは、傾いた20面体をABF-STEM法で観察するには限界があり、減少したように見えている...
  • AIMResearch-2014.pdf

    RESEARCH HIGHLIGHTS 2014 A publication of the WPI Advanced Institute for Materials Research RESE... asses, Materials Physics, Soft Materials, Device/System — and Mathematics Unit, with further integration s... ly conducting research and creating new material systems. We strive to maintain our standing as a global c... ibrium Materials based on Mathematical Dynamical Systems; Topological Functional Materials; and Multi-scal...
  • AIMResearch-2012.pdf

    RESEARCH HIGHLIGHTS 2012 A publication of the WPI Advanced Institute for Materials Research RESE... asses, Materials Physics, Soft Materials, Device/Systems — and Mathematics Unit. Led by distinguished math... ibrium materials based on mathematical dynamical systems; topological functional materials; and multiscale... es, materials physics, soft materials and device/systems construction, and actively promotes collaboration...