"高温超伝導体"の検索結果

  • ランタン酸化物の超伝導体化に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 大学院理学系研究科 ランタン酸化物の超伝導体化に成功 高温超伝導体の絶縁ナノブロック層が超伝導を発現 ポイント 従来、電... ました。 今回超伝導を示したランタン酸化物は、銅酸化物高温超伝導体の結晶の部分構造である絶縁ブロック層として知られてお... り、これまでの銅酸化物高温超伝導体に関する常識と相反するものです。 このランタン酸化物は...
  • 新型鉄系超伝導体の原子層シート化に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 高い温度で超伝導を示す物質が次々に発見され、それらは高温超伝導体と呼ばれています。この高温超伝導体は、大掛かりな冷却... 要という結果に基づいて物質設計を進めることで、新たな高温超伝導体の発見が期待されます。また、分子線エピタキシー法とト... プによって発見されました。この鉄系超伝導体は、新しい高温超伝導体の宝庫として大きな期待を集めています。 注2)分子線エ...
  • 分子からなる超伝導体が従来超伝導線材を凌駕する臨界磁場90テスラを達成

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 、分子性物質のなかでは最高の転移温度38 ケルビンを示す高温超伝導体(注4)として知られています。さらには銅酸化物高温超伝... 理論的、実験的に確立したものに原子の振動がある。 注4 高温超伝導体 1911年にオランダの物理学者オネスが発見した水銀の超... で室温で超伝導になる物質は見つかっていない。典型的な高温超伝導体として、1986年にベドノルツとミュラーによって発見され...
  • 原子層高温超伝導体を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... イト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 原子層高温超伝導体を開発 2015年06月02日 東北大学 原子分子材料科学高等研... 究機構(AIMR) 東北大学 大学院理学研究科 原子層高温超伝導体を開発 -究極の超伝導ナノデバイス実現へ道- 概要 東北大... され、大きな“超伝導フィーバー”を巻き起こした銅酸化物高温超伝導体(最高 T c〜 135 K)には及ばないものの、その後発見さ...
  • 超伝導体: 頑丈なカゴが転移温度を上げる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 可能性があることを明らかにした 1 。 古典的超伝導体と高温超伝導体の超伝導機構には、根本的な違いがある。古典的超伝導体... 子振動(フォノン)との相互作用から生じるのに対して、高温超伝導体と呼ばれる一連の超伝導物質は、電子の磁気特性を媒介と...
  • 原子層鉄系高温超伝導体で質量ゼロのディラック電子を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 内検索 検索 プレスリリース Press Releases 原子層鉄系高温超伝導体で質量ゼロのディラック電子を発見 2018年01月10日 東北... 学院理学研究科 東北大学材料科学高等研究所 原子層鉄系高温超伝導体で質量ゼロのディラック電子を発見 -超高速・超伝導ナノ... 高等研究所の高橋隆教授らの研究グループは、原子層鉄系高温超伝導体において、質量ゼロの性質を持つ「ディラック電子 (注1...
  • 高温超伝導を担う電子の、異常な秩序状態を観測

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 理学研究科の中山耕輔助教らの研究グループは、新型鉄系高温超伝導体のモデル物質である鉄セレンにおいて、超伝導を担う電子... 成することを初めて明らかにしました。この発見は、鉄系高温超伝導体の超伝導機構を解明する鍵になると期待されます。 本研究...
  • 分子からなる超伝導体の転移温度を最大にする方法を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... なる超伝導体の転移温度を最大にする方法を発見 -新しい高温超伝導体開発への道を開く- 本研究成果のポイント ・新しい物質... . A. ミュラーが銅酸化物を基本とする新しい超伝導体(高温超伝導体)を発見したことをきっかけとして、超伝導となる温度(...
  • 超伝導: マヨラナフェルミオンが潜伏していそうな場所

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ンが潜伏していそうな場所 2019年01月28日 金属超薄膜と高温超伝導体からなるハイブリッド物質は、80年前に予測された幻の粒... y. 東北大学材料科学高等研究所(AIMR)の研究者らが、高温超伝導体の上に金属超薄膜を成長させることにより、マヨラナフェ...
  • フラーレン超伝導体: バランスを最適化して最高の転移温度を実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの...