"高分解能"の検索結果

  • wpi_2010-03_BP.pdf

    東北大 WPI 研究者が交流する場のティータイム 親密で熱い議論が 「融合研究」 を生む (注) * ンパク... h) が設置され、金属ガラス分野でも金研と連 ここまで高分解能な TEM は、日本の他の大学や公 “金属ガラス” と呼ばれる... 的な構造解析は という、現時点では世界でも数台しかない高分解能な 生時代は当然、共用の電子顕微鏡を使っていた。そ こ... の 属ガラス成形能を高めることがみえてきた。大きな金 高分解能 TEM は価格が 2 億円程度もかかった高価な 属ガラス製...
  • 超伝導: 注目を集めるグラファイト

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... イト化合物の超伝導を理解するための重要な手がかりが、高分解能分光実験によって明らかになった 図1: C 6 Ca結晶の写真... (上)および高分解能光電子分光法で画像化した超伝導C 6 Caの電子状態(下)... 相違を調べるのに用いられたのが、東北大学に建設された高分解能光電子分光装置だった。研究チームを率いる高橋隆教授は...
  • セラミックスの転位芯原子構造の設計と制御に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 研究グループは、スーパーコンピューター計算 注1) と超高分解能走査透過電子顕微鏡 注2) を駆使して、セラミックス(酸化... に規則配列した転位をターゲットとすることで、近年の超高分解能走査透過電子顕微鏡とスーパーコンピューターの技術革新... ンピューターによる大規模な構造モデル計算と最先端の超高分解能走査透過電子顕微鏡を併用することによって、最適なセラ...
  • 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... とを突き止めました。観測は、世界最高の分解能を持つ超高分解能スピン分解光電子分光装置を用い、ビスマス薄膜の電子ス... 表面にビスマス薄膜試料を作成し、東北大で開発した「超高分解能スピン分解光電子分光装置」(図3)を用いて実験を行いま... 果は、日本学術振興会 科学研究補助金 基盤研究(S)「超高分解能3次元スピン分解光電子分光による新機能物質の基盤電子...
  • セラミックス内に規則的に並んだ電気の通路を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... )識別化、大規模な原子構造や電子状態の理論計算を、超高分解能走査透過電子顕微鏡 注2) とスーパーコンピューター 注3... 察することは困難でした。本研究のねらいは、最先端の超高分解能走査透過電子顕微鏡技術とスーパーコンピューターによる... 電子エネルギー損失分光器) 注4) を搭載した最先端の超高分解能走査透過電子顕微鏡を用いて、酸素量を自在に制御して合...
  • 2014年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 針で重要な手掛かりを得る Published in Macromolecules 高分解能「ナノメカニカル」プローブを使うことによって、多層ポ... emie International Edition サメの歯のエナメル質の超高分解能画像が原子レベルで初めて得られ、フッ素の虫歯予防効果...
  • 反磁性機能酸化物で常磁性ナノピラーの高密度導入に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 1987年ノーベル物理学賞受賞者)らと共同で、最先端の超高分解能走査透過型電子顕微鏡による電子プローブを駆使し、機能... 制御した新機能材料の開発を試みてきました。今回は、超高分解能走査透過型電子顕微鏡のナノプローブ電子線によって酸化... 。次に、スイス工科大学で作製された試料を、最先端の超高分解能走査透過型電子顕微鏡 注4) により観察を行い、理論計算...
  • 磁性材料の特性を左右する欠陥構造の特定に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... と共同で、第一原理計算による構造探索と世界最先端の超高分解能走査透過型電子顕微鏡を駆使し、磁性材料である四酸化三... のような背景の下、第一原理による理論計算と最先端の超高分解能走査透過型電子顕微鏡 注4) を併用することによって、四... が実材料でも観察されることを確認するため、最先端の超高分解能走査透過型電子顕微鏡法を用いて実験を行いました。数~...
  • サメの歯の原子構造の可視化に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 科の高野吉郎教授の共同研究グループは、世界最先端の超高分解能走査透過型電子顕微鏡 注1) を駆使して、生体材料として... りました。 このような背景の下、本研究では、最先端の超高分解能走査透過電子顕微鏡技術とスーパーコンピューターによる... 置する. (c)計算HAADF像. (d)計算ABF像 用語解説 注1) 超高分解能走査透過電子顕微鏡 0.1ナノメートル(1億分の1センチメー...
  • 2009年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... イト化合物の超伝導を理解するための重要な手がかりが、高分解能分光実験によって明らかになった 2009年09月28日 金属ガ... ある酸化チタン(チタニア)の表面原子構造の問題を、超高分解能顕微鏡法で解決 2009年07月27日 超伝導体: 絶縁性材料を...