"高エネルギー密度"の検索結果

  • 新たなリチウム超イオン伝導材料を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 新たなリチウム超イオン伝導材料を開発 — 全固体電池の高エネルギー密度化を一気に加速 — 発表のポイント ●高エネルギー密度リチ... ム超イオン伝導材料を開発 しました。また、この材料は 高エネルギー密度化が実現できるリチウム負極に対して高い安定性 を示すこ... 液体電解質では使用が困難であったリチウムや硫黄などの高エネルギー密度電極への適用可能性が広がるため、蓄電池の高エネルギー...
  • スーパーキャパシタ: 高エネルギー密度材料を目指して

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ト内検索 検索 リサーチハイライト スーパーキャパシタ: 高エネルギー密度材料を目指して 2015年08月31日 優れたスーパーキャパシ... 発された 1 。2つの優れた特性を兼ね備えたこの材料は、高エネルギー密度スーパーキャパシタ材料として有望であり、従来の二次電... 位窓が広くなるほどエネルギー密度が高くなることから、高エネルギー密度の実現には両方の特性を最大限良くする必要がある。 研究...
  • 全固体リチウム―硫黄電池の開発に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... チウム-硫黄電池の開発に成功 “錯体水素化物”を利用した高エネルギー密度型全固体電池の設計指針を開拓 概要 東北大学原子分子材... する本研究グループの独自技術によって実現したもので、高エネルギー密度型全固体電池の開発に目処をつけました。 電池の蓄電性能... の研究成果は、蓄電池の小型化・軽量化を達成するための高エネルギー密度全固体電池構成の指針を示した重要な成果です。 本研究は...
  • 最強のタッグ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの...
  • 東北大学発ベンチャー「AZUL Energy株式会社」設立

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 全性を兼ね備えており、燃料電池の脱白金化による普及や高エネルギー密度で軽量な金属空気電池の実現に貢献できるものと期待され...
  • 全固体リチウム電池: 高品質の界面を実現する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... チウム系材料間で高品質の固体/固体界面を実現し、次世代高エネルギー密度電池の開発に弾みをつける パルスレーザー堆積法で高品質...
  • 2015年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 装置が開発された 2015年08月31日 スーパーキャパシタ: 高エネルギー密度材料を目指して Published in Angewandte Chemie Intern... チウム系材料間で高品質の固体/固体界面を実現し、次世代高エネルギー密度電池の開発に弾みをつける 2015年06月29日 トポロジカル...
  • リチウム電池: 固体電解質として有望な錯体水素化物

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ともに、固体電解質材料分野に新たなトレンドが生まれ、高エネルギー密度電気化学デバイスの開発につながればよいと考えています... す。 キーワード 錯体水素化物 全固体電池 リチウム金属 高エネルギー密度 固体電解質 水素クラスター Tweet リサーチハイライト...
  • 電池材料表面の充放電特性をナノスケールで画像化!

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 顕微鏡を用いたリチウムインサーションのin-situ観察と高エネルギー密度LIBの開発」(研究開発代表者:末永 智一)の支援を受け...
  • ナノメートル級の籠状構造により促進される超イオン伝導現象発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 実際にこのLiBH 4 を固体電解質 (注2) として実装した高エネルギー密度型の全固体リチウム-硫黄電池の開発にも成功しています(...