"電気化学イメージング"の検索結果

  • 微小チップデバイス: 電気化学イメージング

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ト内検索 検索 リサーチハイライト 微小チップデバイス: 電気化学イメージング 2012年09月24日 胚性幹細胞の胚様体の活性をイメージン... の分解能を改良する予定である。「単一細胞や単一組織の電気化学イメージングができるように、電気化学センサのさらなる高密度化を考... 験データは同著者から提供されたものです。 キーワード 電気化学イメージング マイクロウェル ES細胞 Tweet リサーチハイライト一覧...
  • 水素発生触媒のナノスケールの触媒活性サイトを電気化学的にイメージングすることに成功!

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... するSECCMを開発し,MoS 2 ナノシート状のHER活性サイトを電気化学イメージングにより直接可視化しました(図1)。その結果,MoS 2 ナノ... われてきましたが,実際には,層数に依存しないことを直接電気化学イメージングにより明らかにしました(図5)。 今後の展開 本研究によ... 研究領域(研究総括:関根泰) 研究課題「ナノスケールの電気化学イメージング技術の創成」(研究者:髙橋康史(金沢大学准教授)) 科...
  • グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメージングにより初めて実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメージングにより初めて実証 2019年04月04日 国立大学法人 東北大学... グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメージングにより初めて実証 非金属の電極による安価な水素製造技術... よりプロトンの吸着エネルギーを基に 検証するとともに、電気化学イメージングとして触媒反応サイトを空間的に可視化することで、エッ...
  • 末永智一教授の研究グループ 生きている細胞表面の構造と化学物質濃度をナノスケールで可視化

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 細胞の形状イメージングを可能とし、これまで報告された電気化学イメージングの研究の中で、最高の解像度でイメージを取得することに... 成功しました。さらに、表面に存在する膜タンパク質の電気化学イメージングや神経伝達物質の検出に成功しました。今後は、記憶のメ...
  • 末永智一教授の研究グループ 細胞活性の網羅的モニタリングを可能にする微小チップの開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの...
  • 単一細胞解析: ダブルバレルプローブで細胞内のmRNAの局在を探る

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 階は、水溶液で満たしたナノピペットで試料上を走査する電気化学イメージング技術である。ナノピペットチップに電圧をかけるとチップ...
  • グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の数学的な設計

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... リサーチハイライト グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の数学的な設計 2019年09月... ーチハイライト 2019年 グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の数学的な設計...
  • 研究者詳細

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... l akichika.kumatani.e6@tohoku.ac.jp 研究テーマ ナノ電気化学イメージング 二次元材料 走査型プローブ顕微鏡 二次電池全般(リチ... リサーチハイライト グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の数学的な設計 2019年08月... グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメージングにより初めて実証 2016年04月11日 メディア・受賞情報 熊...
  • 2012年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 明らかになった。 2012年09月24日 微小チップデバイス: 電気化学イメージング Published in Angewandte Chemie International Editi...
  • ヨーロッパの材料科学者との交流を推進する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ラファイト・グラフェン電極における酸化還元反応のナノ電気化学イメージング解析について発表した。また、Teng Ma助教はポスターセッ... おける特異な電極触媒反応が発生する領域を特定したナノ電気化学イメージング結果に関する講演を行った。熊谷准教授は、グラフェンな... ER、AIMRが共同で開催した。 NanoMat 2019においてナノ電気化学イメージング結果について講演する熊谷明哉准教授。 NanoMat 2019は、...