"電極"の検索結果

  • 電気化学: 2次電池の電極特性を画像化する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ト内検索 検索 リサーチハイライト 電気化学: 2次電池の電極特性を画像化する 2015年01月26日 強力な顕微鏡技術によ... なった 電気化学セル顕微鏡を用いて画像化した2次電池の電極中のリン酸鉄リチウム(LiFePO 4 )粒子の形状(左図)お... 助教、熊谷明哉助教らは、リン酸鉄リチウム(LiFePO 4 )電極の電気化学的特性を可視化できるナノ電気化学セル顕微鏡...
  • リチウムイオン電池: 「穴あきグラフェン分子」の負電極で大容量

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... イト リチウムイオン電池: 「穴あきグラフェン分子」の負電極で大容量 2016年09月26日 大容量でより安全な二次電池の... 、層間とナノチャネルの両方に蓄積されるため、これを負電極とする電池の容量は大きくなる(図は産業技術総合研究所... be 層状炭素の中に規則的に並んだナノチャネルを持つ負電極材料によって、全固体電池の実現への道が開かれる可能性...
  • 末永智一教授・江刺正喜教授の研究グループ バイオLSIを開発:LSIとバイオMEMSの融合により実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... アンペロメトリー法 ※1 は、電気化学計測法のひとつで、電極を用いて溶液中の化学物質を酸化/還元する際の電流変化か... きる利点がありますが、アンペロメトリー法は通常、1本の電極を用いて行うため、ある 1箇所の分子濃度を測定すること... の手法として、2つの方法が検討されてきました。ひとつは電極を走査して画像化する方法で、もうひとつは多数の電極を...
  • 末永智一教授の研究グループ 細胞活性の網羅的モニタリングを可能にする微小チップの開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 電気化学測定を行うためには、細胞の数と同数のセンサと電極が必要であったため、チップデバイス全体が大きくなって... が実用化に向けた大きな課題でした。 本研究グループは、電極を格子状に配置し、局所的にレドックスサイクル 注4) と... 時に、測定の高感度化を目指して、電気化学測定が可能な電極センサを組み込んだチップデバイスの開発も行われていま...
  • 多孔質グラフェン電極の量産化が視野に

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 検索 プレスリリース Press Releases 多孔質グラフェン電極の量産化が視野に 2016年10月11日 東北大学 原子分子材料... 科学高等研究機構(WPI-AIMR) 多孔質グラフェン電極の量産化が視野に -金属を使用しない水素発生装置への展... 製手法を開発し、またその多孔質グラフェンから水素発生電極を作製することに成功しました。 現在水素は二酸化炭素を...
  • マイクロとナノの複数孔サイズを持つ多孔質材料生産プロセス確立

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 生産プロセスを確立 -和紙を鋳型にした合金紙から高性能電極を作製- ポイント マイクロからナノレベルにわたる高次の... 孔サイズを持つ多孔質電極を開発した。 和紙を利用した粉末冶金法と簡単な電気化学... れのレベルで多孔質(ポーラス)構造を持つ階層的多孔質電極の大量生産プロセスを確立しました。 次世代の蓄電池や水...
  • 高活性な非白金酸素還元触媒の作製に成功!

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ずに白金以上の酸素還元能を有する高活性な酸素還元触媒電極の作製に成功。 高温で原料を炭化させる焼成プロセスを経... 由せず、すべてウェットプロセスで触媒電極を作製することが可能。 触媒分子の活性原理を実験および... ループは、非常に簡便なプロセスで高活性な酸素還元触媒電極の作製に成功しました。 燃料電池や金属空気電池などは、...
  • グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメージングにより初めて実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 優位性を電気化学イメージングにより初めて実証 非金属の電極による安価な水素製造技術の加速へ 発表のポイント 数学... めました。 貴金属を使わない安価な材料のみで構成された電極であっても、高効率に水素製造が可能であるという筋道を... 非金属元素の化学ドープとエッジ構造などの原子構造が、電極の反応性の向上に寄与するものであることを世界で初めて...
  • 原子レベルのイメージング: 研究開発の加速化に向けて

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 表面原子層のダイナミックな動きを捉える光学顕微鏡は、電極材料を原子レベルで研究する新しい手段となる 図1: (上... – )と電子(e – )が生じる。 電気化学反応は、導電性電極を用いて化学エネルギーと電気エネルギーを相互変換する... ものであり、その典型例が電池である。電極材料に欠陥(金属表面の腐食など)があると、デバイス特...
  • 東北大学発ベンチャー「AZUL Energy株式会社」設立

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ャー「AZUL Energy株式会社」設立 高活性な酸素還元触媒電極を次世代バッテリーなどへ展開 概要 東北大学材料科学高... る高活性で高い耐久性を示す非白金系酸素還元反応用触媒電極材料を見出し、 論文として報告しました ( NPG Asia Ma... terials , in press.)。本触媒電極材料は、希少元素を含まず、高い耐久性と安全性を兼ね備...