"電極"の検索結果

  • 従来の性能を越える新しい有機半導体用電極の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... Press Releases 従来の性能を越える新しい有機半導体用電極の開発 2017年10月18日 東北大学材料科学高等研究所(AI... 科 東京工業大学 従来の性能を越える新しい有機半導体用電極の開発 - 電極材料によらず電子・正孔両方の注入が可能に... - 発表のポイント ● 有機半導体において、通常の金属電極を凌駕する世界最高性能の電荷注入効率の電極を設計して...
  • 腐食耐性があり水素発生効率の高い卑金属電極を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ess Releases 腐食耐性があり水素発生効率の高い卑金属電極を開発 2018年03月30日 国立大学法人 筑波大学 国立大学... 法人 東北大学 腐食耐性があり水素発生効率の高い卑金属電極を開発 ~穴の空いたグラフェンが卑金属の性能を引き出す... の穴の空いた3次元構造を持つグラフェンで覆われた卑金属電極の作製に世界で初めて成功しました。 この穴の空いたグラ...
  • 貴金属触媒を使わない水素発生電極の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... リリース Press Releases 貴金属触媒を使わない水素発生電極の開発 2014年12月10日 科学技術振興機構(JST) 東北大... 科学高等研究機構(AIMR) 貴金属触媒を使わない水素発生電極の開発 -多孔質グラフェンで、水素を低コストで大量に発... イント 次世代エネルギー媒体として注目される水素の発生電極には高価な白金が使用されている。 窒素と硫黄を導入した...
  • 末永智一教授の研究グループ 生きている細胞表面の構造と化学物質濃度をナノスケールで可視化

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 学物質濃度をナノスケールで可視化 2012年06月08日 ナノ電極の作成と、その動きを制御する新たな方法の開発により実... 必要です。走査型電気化学顕微鏡(SECM) ※1 は、微小な電極を用いて、細胞上の化学物質を検出することが可能です。... しかし、従来のSECMでは、探針に使用する電極が大きく、電極を水平にしか動かすことができなかったた...
  • 全固体電池において、極めて低い電極/電解質界面抵抗を実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... リース Press Releases 全固体電池において、極めて低い電極/電解質界面抵抗を実現 2015年03月03日 東北大学 原子分... 科学高等研究機構(AIMR) 全固体電池において、極めて低い電極/電解質界面抵抗を実現 -高速充放電など高性能化に一歩... プは、全固体リチウム電池 (注1) において、極めて低い電極/電解質界面抵抗を実現しました。電極(コバルト酸リチ...
  • 大環状有機分子から全固体リチウムイオン電池の大容量負電極が誕生

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 大環状有機分子から全固体リチウムイオン電池の大容量負電極が誕生 2016年05月16日 国立大学法人 東北大学 原子分子... 大環状有機分子から全固体リチウムイオン電池の大容量負電極が誕生〜 世界で初めて大環状有機分子を電極に使った全固... の新分子材料「穴あきグラフェン分子」は、既存の黒鉛負電極の2倍以上もの電気容量を実現した。 発表概要 東北大学原...
  • 大容量の蓄電が可能な「リチウム空気電池」用電極材料の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... Releases 大容量の蓄電が可能な「リチウム空気電池」用電極材料の開発 2015年09月02日 科学技術振興機構(JST) 東... 構(AIMR) 大容量の蓄電が可能な「リチウム空気電池」用電極材料の開発 -ナノ多孔質グラフェンとルテニウム系触媒が... 電池の正極に新たに開発した多孔質グラフェンを使用し、電極の単位重量あたり2000mAhの大きな電気エネルギーを持ち、...
  • 有機オプトエレクトロニクス: 汎用的な電極

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... サーチハイライト 有機オプトエレクトロニクス: 汎用的な電極 2017年12月25日 特殊な構造の電極を用いることで、有機... できた 研究に使用した実験装置の写真。同じ材料でできた電極で、有機半導体に電子と正孔を注入することができる。 ©... 電子と正孔(正電荷を持つキャリア)の両方を注入できる電極が、東北大学材料科学高等研究所(AIMR)と東北大学大学...
  • 末永智一教授・江刺正喜教授の研究グループ バイオLSIを開発:LSIとバイオMEMSの融合により実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... アンペロメトリー法 ※1 は、電気化学計測法のひとつで、電極を用いて溶液中の化学物質を酸化/還元する際の電流変化か... きる利点がありますが、アンペロメトリー法は通常、1本の電極を用いて行うため、ある 1箇所の分子濃度を測定すること... の手法として、2つの方法が検討されてきました。ひとつは電極を走査して画像化する方法で、もうひとつは多数の電極を...
  • 分子エレクトロニクス: 正しい位置に配置する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... エレクトロニクスデバイスの性能を最適化するには、金属電極と有機分子の電子状態を精密に調節する必要がある 磁性ニ... ッケル電極の間にC 60 分子(中央の赤い球)を組み込んだ分子エレク... トロニクスデバイスの構成。NとSは、デバイスの磁性電極のN極とS極を表す。 © 2013 American Chemical Society(...