"電極触媒"の検索結果

  • 電極触媒反応: 孔だらけの金が水素生成触媒の活性を高める

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト 電極触媒反応: 孔だらけの金が水素生成触媒の活性を高める 2015年... ルギー生産手段として注目を集めている。しかし、現行の電極触媒による水素製造法のほとんどが希少で高価な白金系触媒を... 利用するため、実用化への道は遠い。 白金系触媒に代わる電極触媒として有望視されている材料の1つが、地殻中に豊富に存在...
  • 電極触媒反応: グラフェン電極の新製法で触媒特性も向上

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト 電極触媒反応: グラフェン電極の新製法で触媒特性も向上 2017年0... ホーム 研究 AIM Research リサーチハイライト 2017年 電極触媒反応: グラフェン電極の新製法で触媒特性も向上...
  • 触媒反応: 2つの金属が可能にすること

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 用いられてきたが、最近は重要な酸化・還元反応における電極触媒活性が高いパラジウム系材料(二元合金を含む)に注目が... 優れていて、500サイクルのメタノール電極酸化の後でも、電極触媒活性は約8%しか低下しない。これは、市販のPd–C触媒より...
  • 電極触媒反応: 低コストで水を分解する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト 電極触媒反応: 低コストで水を分解する 2016年12月26日 合金化効... 提供されたものです。 キーワード 水分解 金属リン化物 電極触媒反応 水素発生 合金化 ナノ多孔質 Tweet リサーチハイラ... ホーム 研究 AIM Research リサーチハイライト 2016年 電極触媒反応: 低コストで水を分解する...
  • ナノ多孔質金: 表面構造の微調整で触媒性能が向上

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ら提供されたものです。 キーワード ナノ多孔質金 触媒 電極触媒反応 酸化還元サイクル 表面エンジニアリング エタノール...
  • グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメージングにより初めて実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... な貴金属である白金に代わる、安価かつ大量に製造可能な電極触媒を基盤とする生産技術の確立が求められています。近年で... る窒素が図1に示すピリジン型の化学結合状態であるときに電極触媒活性が高いことが分かりました。また、リンはピリジン型... グラフェンエッジ構造が白金よりも抑制されており、高い電極触媒能が期待される。 図4 ナノ電気化学セル顕微鏡による電気...
  • マイクロとナノの複数孔サイズを持つ多孔質材料生産プロセス確立

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 較的小さいという問題があります。比表面積が大きいと、電極触媒反応を促進できるという利点が生まれることから、比表面...
  • エタノール燃料から常温常圧で電力を取り出せる触媒を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... のが、エタノールが持つ炭素-炭素結合です。従来のPEMFC電極触媒は、エタノール分子の炭素-炭素結合を効率よく切断する...
  • グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の数学的な設計

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... つ化学種を導入することによって、水素発生反応における電極触媒活性を高めることができる。 © ANIMATE4.COM/SCIENCE PH... を共に含有するグラフェン構造が、水素発生反応(HER)の電極触媒として、高価な白金触媒と同等以上の性能を示す可能性が... ラフェンエッジ 化学ドープ 走査型電気化学セル顕微鏡法 電極触媒反応 Tweet リサーチハイライト一覧へ 研究 研究者・研究...
  • 2017年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 子のペアは、強磁場をかけても壊れない 2017年03月27日 電極触媒反応: グラフェン電極の新製法で触媒特性も向上 Publish...