"電子"の検索結果

  • 従来の性能を越える新しい有機半導体用電極の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 越える新しい有機半導体用電極の開発 - 電極材料によらず電子・正孔両方の注入が可能に - 発表のポイント ● 有機半導... 荷注入効率の電極を設計して実証した。 ● 新しい電極は、電子と正孔を同等に有機半導体に注入することができる。 ● 新... しい電極は、空気中で安定であり、種々の電子デバイスへの応用が期待できる。 ● 新しい電極は、高性能...
  • スピントロニクス: 両面で発現するスピン

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 表面と裏面(界面)でスピントロニクスに重要なスピン偏極電子の存在が明らかになり、スピン偏極度が調節可能な電子源... (下の面)でも同じ効果が起きていることが見出された。 電子の固有角運動量(スピン)を利用する「スピントロニクス... 」は、電子の電荷のみを利用する従来のエレクトロニクスと比べて、...
  • 材料科学の新境地を切り拓くために

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 013年に発足した「磯部縮退π集積プロジェクト」では、π電子をもつ新しい有機材料を開発している。π電子とは、ベンゼ... ンなどの芳香族化合物やDNA塩基に見られる電子系のことで、磯部教授のチームは、開発した固体物質を有... 4年に発足した「齊藤スピン量子整流プロジェクト」は、電子のスピンが常に一方向にしか回転しないことを利用して、...
  • た行

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... るいは負イオンは、電界により加速されると、原子分子、電子、壁などとの衝突で電荷交換して中性化されます。この時... ズマダメージは完全に抑制されます。 超高分解能走査透過電子顕微鏡 0.1ナノメートル(1億分の1センチメートル)程度... まで細く絞った電子線を試料上で走査し、試料により透過された電子線の強度...
  • 3次元集積化グラフェントランジスタの動作に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... は、2次元グラフェンしか持たないとされていたディラック電子 (*3) を保持し、かつ、高結晶性が試料の端から端まで一... によって、高密度に集積化されたグラフェンシート全体の電子状態制御を目指しました。 研究の内容 本研究では、3次元... 作用電極とチャネル間に電場を印加することでチャネルの電子濃度を変化させる電気2重層トランジスタを作製しました。...
  • 有機オプトエレクトロニクス: 汎用的な電極

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 2月25日 特殊な構造の電極を用いることで、有機半導体に電子と正孔の両方を注入することができた 研究に使用した実験... 装置の写真。同じ材料でできた電極で、有機半導体に電子と正孔を注入することができる。 © 2017 Thangavel Kana... gasekaran 有機材料でできた柔軟な半導体に電子と正孔(正電荷を持つキャリア)の両方を注入できる電極...
  • スピントロニクス: 磁性半導体の仕組みが明らかに

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 磁性半導体の強磁性の仕組みが明らかになり、スピン偏極電子を利用した低エネルギー記憶素子が実現する可能性が出て... 料の表面を、作製したときのままの状態に保って、本来の電子状態を観察することにある。研究チームは今回、作製した... により、半導体に永久磁気モーメントとホールキャリア(電子の不足領域)が加わり、電子スピンが上向きまたは下向き...
  • 超伝導: 注目を集めるグラファイト

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... になった 図1: C 6 Ca結晶の写真(上)および高分解能光電子分光法で画像化した超伝導C 6 Caの電子状態(下)。 近年... 研究者らは、この挙動の起源を解明するため、C 6 Caの電子状態を通常のグラファイトと比較した。これらの化合物の... るのに用いられたのが、東北大学に建設された高分解能光電子分光装置だった。研究チームを率いる高橋隆教授は、「私...
  • 3次元グラフェン: 大量の電子を蓄えるスポンジのようなナノ材料

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 検索 検索 リサーチハイライト 3次元グラフェン: 大量の電子を蓄えるスポンジのようなナノ材料 2016年12月26日 ナノ... 電気容量と電気伝導度を達成した 1 。 グラフェン膜中の電子は、実質的に質量ゼロの粒子(いわゆるディラック粒子)... 、そうした3Dグラフェン「スポンジ」のグラフェンが高い電子易動度を維持することは難しい。大抵の作製方法では結晶...
  • 藤田武志准教授 ナノサイズの孔を持つ金属の触媒活性機構を原子レベルで解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 、高分解能を持つ球面収差補正装置 注3) を搭載した透過電子顕微鏡や世界に1台のガス環境セルを備えた超高圧電子顕微... 持つナノポーラス金属(金:Au)の触媒に着目し、高性能な電子顕微鏡2台を使用して観察を行いました。 まず、球面収差... 補正装置を2つ搭載した透過電子顕微鏡を用いて、高角度散乱暗視野走査透過電子顕微鏡法...