"電子"の検索結果

  • 普通の金属にトポロジカルな性質を付与することに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... トポロジカルな性質を付与することに成功 -次世代省エネ電子機器の開発へ新たな道- 概要 東北大学 大学院理学研究科... という新しい現象を発見し、質量のない高速のディラック電子をトポロジカル絶縁体の外に取り出すことに初めて成功し... ました。この成果は、次世代省エネルギー電子機器を支えるスピントロ二クス 注2) 材料技術とその産業...
  • 真空中でも生きられる「ナノスーツ」を発明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 分子材料科学高等研究機構 生きた状態での生物の高解像度電子顕微鏡観察に成功 -高真空中でも気体と液体の放出を防ぐ... 注1) 膜を発明し、生きたままの状態で生物の高解像度な電子顕微鏡観察に成功しました。 生物の体表は、多様な環境に... に細胞外物質(ECS) 注2) で覆われています。しかし、電子顕微鏡観察で行われる高真空下のような極限状態では、細...
  • 原子層鉄系高温超伝導体で質量ゼロのディラック電子を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... leases 原子層鉄系高温超伝導体で質量ゼロのディラック電子を発見 2018年01月10日 東北大学大学院理学研究科 東北大... 等研究所 原子層鉄系高温超伝導体で質量ゼロのディラック電子を発見 -超高速・超伝導ナノデバイスの実現に光- 概要 東... 温超伝導体において、質量ゼロの性質を持つ「ディラック電子 (注1) 」を発見しました。この成果は、超高速・超伝...
  • か行

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... しました。 外部光電効果 物質に紫外線やX線を入射すると電子が物質の表面から放出される現象です。物質外に放出され... た電子は光電子とも呼ばれます。この現象は、1905年に、アイン... の構造が機械物性を左右することが多いです。 角度分解光電子分光 結晶に紫外線やX線を照射すると物質の表面から電子
  • ディラック線ノードの直接観測に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ノード型のディラック粒子 (注1) という新しいタイプの電子状態をもつ物質であることを、放射光を用いた角度分解光... が現われる物質が大きな注目を集めています。この表面の電子は、「ディラック粒子(または、ディラック電子)」と呼... ばれ、物質内部の電子よりも格段に高速で、かつ不純物に邪魔されずに動くとい...
  • 高温超伝導を担う電子の、異常な秩序状態を観測

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 検索 プレスリリース Press Releases 高温超伝導を担う電子の、異常な秩序状態を観測 2014年12月05日 東北大学 原子... 構(AIMR) 東北大学 大学院理学研究科 高温超伝導を担う電子の、異常な秩序状態を観測 -超伝導機構の解明に手掛かり... 導体のモデル物質である鉄セレンにおいて、超伝導を担う電子が、異常な秩序状態を形成することを初めて明らかにしま...
  • 金属薄膜のエッジにおける異常な電子スピンの偏りを発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... リース Press Releases 金属薄膜のエッジにおける異常な電子スピンの偏りを発見 2015年01月30日 東北大学 原子分子材... 阪大学 産業科学研究所 金属薄膜のエッジにおける異常な電子スピンの偏りを発見 -省エネ・小型スピントロニクス素子... グループは、ビスマス(Bi)金属薄膜の端(エッジ)で、電子の運動方向と連動してスピン 注1) の向きが揃う「ラシュ...
  • トポロジカル物質中の新型粒子を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 藤陽一教授らの研究グループは、高輝度放射光を用いた光電子分光実験 ( 注1 ) により、コバルトシリサイド(CoSi)の... 対論的なフェルミ粒子として提案したもので、クォークや電子などの基本的な素粒子は全てその一種です。グラフェンに... PF)を用いて、軟X線 ( 注7 ) を利用した角度分解光電子分光(図2)を用いて、CoSiの電子状態を精密に観測しまし...
  • グラフェンの電子状態を制御することに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 検索 検索 プレスリリース Press Releases グラフェンの電子状態を制御することに成功 2015年04月06日 グラフェンの... 合物を合成し、走査型トンネル顕微鏡/分光法 注3) と光電子分光法 注4) により評価を行ったところ、電荷密度波が形... 成していることを見出しました。電荷密度波とは、電子の濃度が周期的な濃淡を作った状態で、エネルギーギャッ...
  • 高橋隆教授の研究グループ 新種のトポロジカル物質を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... とを明らかにしました。この成果は、次世代省エネルギー電子機器を支えるスピントロ二クス 注1) 材料技術とその産業... 面に特殊な金属状態が現われます。その表面においては、電子がディラック錐(図1)と呼ばれる状態を形成して「質量ゼ... 動き回っていると考えられています。この表面ディラック電子は、物質内部の電子よりも格段に高速で、かつ不純物に邪...