"電子"の検索結果

  • スピン操作による相対論的電子の質量制御に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... レスリリース Press Releases スピン操作による相対論的電子の質量制御に成功 2015年12月24日 東北大学原子分子材料... 学学際科学フロンティア研究所 スピン操作による相対論的電子の質量制御に成功 -次世代スピントロニクスへの応用に道... ングステンを接合することによって、その界面に相対論的電子(ディラック電子)を発生させ、さらにディラック電子に巨...
  • シリセンの基盤電子構造解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 索 検索 プレスリリース Press Releases シリセンの基盤電子構造解明 2014年12月22日 東北大学 原子分子材料科学高等... 機構(AIMR) 東北大学 大学院理学研究科 シリセンの基盤電子構造解明 -グラフェンを越えるシリセンの新機能開拓に道... ている新材料シリセンの層間化合物CaSi 2 を合成し、その電子状態の解明に世界で初めて成功しました。その結果、シリ...
  • 磁性半導体(Ga,Mn)Asが強磁性をしめすメカニズムを解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... いていました。今回、研究グループは、(Ga,Mn)Asにおける電子の状態を光電子分光 注2) という手法で直接観測すること... 見出しました。この成果により、磁性半導体材料の開発や電子スピン 注4) の制御機構の理解が進むことが期待されます... 。 研究の背景 現代のエレクトロニクスは、半導体による電子回路と、磁性体による記憶媒体によって成立しています。...
  • ミラー対称性による新型トポロジカル絶縁体を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ラー対称性による新型トポロジカル絶縁体を発見 -高効率電子デバイスの開発に光- 概要 東北大学大学院理学研究科の佐... )の組頭広志教授らの研究グループは、放射光を用いた光電子分光実験により、これまで見つかっていたトポロジカル (... ならず、新型トポロジカル絶縁体を用いた高効率の次世代電子・スピントロニクス (注2) デバイス開発へ道を開くもの...
  • 3層グラフェンにおける積層パターンの作り分けに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... よびABC構造、図1参照)の作り分けに初めて成功しました。電子状態の精密な測定から、ABA構造をもつ3層グラフェンでは... 、質量ゼロの超高速電子(ディラック電子 注1 )が存在する一方、ABC構造ではデ... ィラック電子は存在せず、有限の質量を持つ自由電子 注2 的な電子状態...
  • 新しいトポロジカル物質「ワイル半金属」を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... いような粒子として物質中を高速に移動する「ディラック電子」 注1) をもつ物質が、いま大きく注目されています。代... 知られるグラフェン 注2) です。グラフェンのディラック電子はシリコンの10倍以上の移動度を持ち、極めて高い電気伝... の応用を目指して、グラフェンや、それに続くディラック電子物質の研究は爆発的な広がりを見せています。 これまで発...
  • 電子・正孔対が作る原子層半導体の作製に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... sh サイト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 電子・正孔対が作る原子層半導体の作製に成功 2015年12月11日... 大学院理学研究科 東北大学学際科学フロンティア研究所 電子・正孔対が作る原子層半導体の作製に成功 -グラフェンを... 超える電子デバイス応用へ道- 概要 東北大学原子分子材料科学高等研...
  • チタン酸ストロンチウム基板の表面電子状態を解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ース Press Releases チタン酸ストロンチウム基板の表面電子状態を解明 2014年11月28日 東北大学 原子分子材料科学高... 学技術振興機構(JST) チタン酸ストロンチウム基板の表面電子状態を解明 -酸化物エレクトロニクスの高性能化に一歩前... 、チタン酸ストロンチウム(SrTiO 3 )単結晶表面の表面電子状態の解明に初めて成功し、電子密度の空間分布がエネル...
  • 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 観測は、世界最高の分解能を持つ超高分解能スピン分解光電子分光装置を用い、ビスマス薄膜の電子スピン 注3) 状態を... 詳しく調べることで行われました。今回の発見は、半導体電子デバイスと同様に、物質の接合面を利用した次世代のスピ... 学会誌Nano Lettersに掲載される予定です。 背景 近年、電子情報機器の小型化、高速化、省エネルギー化に伴い、「ス...
  • 普通の金属にトポロジカルな性質を付与することに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... トポロジカルな性質を付与することに成功 -次世代省エネ電子機器の開発へ新たな道- 概要 東北大学 大学院理学研究科... という新しい現象を発見し、質量のない高速のディラック電子をトポロジカル絶縁体の外に取り出すことに初めて成功し... ました。この成果は、次世代省エネルギー電子機器を支えるスピントロ二クス 注2) 材料技術とその産業...