"酸化物"の検索結果

  • チタン酸ストロンチウム薄膜の複雑な成長過程を解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... と一杉太郎准教授の研究グループは、超高分解能顕微鏡と酸化物薄膜作製装置を組み合わせた装置を開発し、チタン酸スト... ロンチウム(SrTiO 3 )単結晶表面上で金属酸化物薄膜が成長する様子を原子レベルで観察することに初めて... るという、薄膜成長メカニズムを明らかにしました。 金属酸化物、特にSrTiO 3 をはじめとしたペロブスカイト型酸化物 (...
  • 酸化物材料: 透明超伝導体

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト 酸化物材料: 透明超伝導体 2013年01月28日 リチウムイオン電池... Hitosugi 超伝導や磁性といった興味深い物性を示す複合酸化物は、トランジスターや電池をはじめとするさまざまなデバ... 透明度の非常に高い超伝導薄膜の作製に成功した。 高品質酸化物薄膜は、パルスレーザー堆積法(PLD)という手法によって...
  • 超伝導体: 意外なところに超伝導

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 伝導体: 意外なところに超伝導 2018年09月25日 二元系単酸化物の薄膜が驚くほど高い温度で超伝導を示すことが明らかに... なった 岩塩構造をもつランタン酸化物(赤色の球と緑色の球からなる結晶格子)の薄膜は、温度... 大学材料科学高等研究所(AIMR)の研究者らは、ランタン酸化物(LaO)という化合物の薄膜が約5ケルビン以下の温度で超...
  • 酸化物材料: 原子構造に起因した二次元伝導性の起源を解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト 酸化物材料: 原子構造に起因した二次元伝導性の起源を解明 201... 8年03月26日 酸化物伝導体に絶縁層を挿入する手法で二次元電気伝導性を実現... 超伝導、磁性、強誘電性など、有用な機能特性を示す固体酸化物は、これまで広く研究されてきた。 中でも、二次元に制限...
  • 酸化物界面: スーパーマテリアルの青写真

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト 酸化物界面: スーパーマテリアルの青写真 2014年06月30日 絶縁... 体酸化物同士の界面に現れる電気伝導性や強磁性の発現機構が、原... トロニクスなど、さまざまなハイテクデバイス内で、金属酸化物は重要な役割を果たしている。そして、金属酸化物の表面...
  • 高品質AlOx/GeOx/Geゲートスタック構造の実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... かに下げるか」という点にあります。ゲルマニウムの自然酸化物(GeO x : Geサブオキサイド)は熱的および化学的に不安... が知られています。また、界面において形成されたGe自然酸化物はHigh-k絶縁体膜中および表面に拡散する傾向にあること...
  • 一酸化シリコン: 原子配列が明らかに

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... O 2 )的な構造を持つ領域からなり、これらの境界に「亜酸化物」的な構造を持つ領域が存在することが明らかになった(... 用いて、二次電池への応用が期待される他のアモルファス酸化物や相変化メモリーデバイス用のカルコゲニドを解析するこ...
  • チタン酸ストロンチウム基板の表面電子状態を解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ) チタン酸ストロンチウム基板の表面電子状態を解明 -酸化物エレクトロニクスの高性能化に一歩前進- 概要 東北大学... かにしました。 チタン酸ストロンチウムを始めとした金属酸化物は、微細加工の限界に達しつつあるシリコンに代わるエレ... ニクス素子の基幹物質として注目されています。しかし、酸化物の表面構造を原子レベルで制御することが極めて困難なた...
  • 寒川誠二教授の研究グループ 超低損傷中性粒子ビーム酸化プロセス技術による12ナノメートル世代以降の高品質Ge MOSトランジスタ構造を実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ル・ノード以降のMOS(Metal-Oxide-Semiconductor:金属-酸化物-半導体)トランジスタにおいては、短チャネル効果と呼...
  • 酸化物エレクトロニクス: 有機物との出会い

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト 酸化物エレクトロニクス: 有機物との出会い 2010年03月29日 酸... O 3 やMg x Zn 1–x O/ZnOなどのイオン結合を持つ絶縁性酸化物の界面に形成される「二次元電子ガス」だ。ここでは電子... シンプルで、材料も安価です」と川崎教授はいう。ほかの酸化物半導体にも同じ手法を使える可能性があり、研究チームは...