"超薄膜"の検索結果

  • 新型鉄系超伝導体の原子層シート化に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 発表のポイント 新型鉄系超伝導体の硫化鉄を極限まで薄い超薄膜にする手法を開発 超薄膜で起こる高温超伝導の謎を解明 ... 確立した超薄膜作製技術の次世代ナノ材料開発への応用 概要 近年、層状... 物質を原子数個分の厚さまで薄くした超薄膜において、バルク結晶を上回る優れた性質が次々と明らか...
  • 電子・正孔対が作る原子層半導体の作製に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... の応用が期待されているチタン・セレン(TiSe 2 )原子層超薄膜の作製に成功しました。さらに、1層のTiSe 2 超薄膜の電... 見出しました。今回の成果は、グラフェンを超える原子層超薄膜物質の物質設計と開拓に大きく貢献するものです。 本成果... 図1)。近年、これらの層状物質を極限まで薄くした原子層超薄膜で、グラフェンを超える新機能を発現させる取り組みが精...
  • 原子層高温超伝導体を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... らの研究グループは、鉄(Fe)とセレン(Se)からなる原子層超薄膜において高温超伝導を発現・制御することに成功しました... 。今回の研究は、原子数個からなる原子層超薄膜において60 K(- 213°C)を越える高温超伝導を発現させ、そ... 御したFeSeの高品質薄膜(図1)を作成しました。この原子層超薄膜に対して、角度分解光電子分光法 注4) (図2)という方法を...
  • 超薄膜物質の磁性を容易に測定できる手法を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... sh サイト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 超薄膜物質の磁性を容易に測定できる手法を開発 2016年08月30日... 科学高等研究機構(WPI-AIMR) 東北大学 金属材料研究所 超薄膜物質の磁性を容易に測定できる手法を開発 -スピントロニ... ピン流の流れ易さを調べることで、厚さ数ナノメートルの超薄膜における磁気転移を代表とした磁気的物性を測定すること...
  • 鉄系超伝導体: FeSe原子層超薄膜の高温超伝導

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 検索 検索 リサーチハイライト 鉄系超伝導体: FeSe原子層超薄膜の高温超伝導 2015年09月28日 FeSe原子層超薄膜の表面に... けられてしまったのです」。 新しい手法は、鉄系超伝導体超薄膜の Tc を上昇させる強力な手段となる。また、今回の発見... 同著者から提供されたものです。 キーワード 高温超伝導 超薄膜 キャリアドーピング カリウム吸着 FeSe Tweet リサーチ...
  • 原子層鉄系高温超伝導体で質量ゼロのディラック電子を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 者:齋藤理一郎)、および学際研究重点プログラム「原子層超薄膜における革新的電子機能物性の創発」(研究代表者:高橋 隆...
  • スピントロニクス: 両面で発現するスピン

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... れている。 研究チームはラシュバ効果を示す金属ビスマス超薄膜について、高精度の実験を行い、その電子構造を詳細に調...
  • 細胞のための極薄カーペットを開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... トル以上の面積があり、巨大なサイズアスペクト比をもつ超薄膜の総称。センサー、分離膜、絆創膏などに応用する研究が...
  • スピン操作による相対論的電子の質量制御に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 6) によって、タングステンの表面にわずか数原子層の鉄超薄膜を成長し、外部光電効果 注7) を利用した角度分解光電子... のエネルギー状態を高精度で調べました。実験の結果、鉄超薄膜を接合する前は質量がゼロだった結晶表面のディラック電... 子が、鉄超薄膜を接合することによって質量を獲得している(図3)ことを初...
  • ミクロな世界のサンドウィッチ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 果は、グラフェンを用いた高効率なマイクロバッテリーや超薄膜超伝導デバイスへの道を開くものであり、新たな材料科学... グラフェン層間化合物における超電導発現の可能性など、超薄膜超電導デバイスへの可能性も検討されています。しかし、... ラフェン層間化合物を用いた高効率マイクロバッテリーや超薄膜超電導デバイスへの応用研究が急速に進むものと期待され...