"表面"の検索結果

  • チタン酸ストロンチウム基板の表面電子状態を解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... リリース Press Releases チタン酸ストロンチウム基板の表面電子状態を解明 2014年11月28日 東北大学 原子分子材料科... 科学技術振興機構(JST) チタン酸ストロンチウム基板の表面電子状態を解明 -酸化物エレクトロニクスの高性能化に一... 併用により、チタン酸ストロンチウム(SrTiO 3 )単結晶表面表面電子状態の解明に初めて成功し、電子密度の空間分...
  • 液晶の電場配向に対する閉じ込め効果を初観測

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ことで表示を制御しています。本研究グループでは、基板表面間の距離を連続的に変えながら表面間の液体の特性を高感... 度に調べることができる共振ずり測定法を独自に開発し、表面間距離をナノメートルレベルで変えながら液晶の配向、お... びその電場に対する応答の評価を行いました。その結果、表面からの距離、或いは表面間の距離がある臨界値以下になる...
  • スピネル型酸化物材料の原子観察に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 池材料として知られているスピネル型酸化物LiTi 2 O 4 の表面について、その原子配列と電子状態を解明することに成功... 。しかし、原子レベルで平坦な試料を作ることが難しく、表面における超伝導状態は、原子スケール分解能では調べられ... ムイオン電池では、充放電の際に、リチウムイオンが電極表面を必ず通過します。したがって、電極表面の原子配列が、...
  • wpi_2010-03_BP.pdf

    東北大 WPI 研究者が交流する場のティータイム 親密で熱い議論が 「融合研究」 を生む (注) * ンパク... と呼ばれる精密な計測機器。一般に電気伝導性を持つ試 料表面に、針状のプローブ (探針) を限りなく近づけた時に流... れるトンネル電流を測定する。探針と試料表面の距離を一定 に保つように計測するなどの測定法を利用す... 着 * LD 装置と呼ばれ、真空室内に置いたターゲット材料表面に強力 なパルスレーザー光を照射すると、アブレーション...
  • 無欠陥・配置制御ナノピラー構造により表面濡れ性を自在に制御

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... Press Releases 無欠陥・配置制御ナノピラー構造により表面濡れ性を自在に制御 2018年10月26日 東北大学産学連携先... 科学研究所(IFS) 無欠陥・配置制御ナノピラー構造により表面濡れ性を自在に制御 - バイオテンプレート極限加工により... 陥シリコンナノピラー構造を作製することに成功し、その表面状態や間隔・深さを制御することで世界で初めて表面の濡...
  • 藤田武志准教授 ナノサイズの孔を持つ金属の触媒活性機構を原子レベルで解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 観察することに成功しました。その結果、触媒活性は触媒表面の「原子ステップ」と呼ばれる原子レベルの段差と、それ... と同じ位置に生じる歪みによって起こること、そして触媒表面がファセット化 注5) すると活性が落ちることが分かり、... を自在に制御することは困難でした。また、細孔が小さく表面積が大きければ必ずしも良いわけではなく、伝導性も応用...
  • チタン酸ストロンチウム薄膜の複雑な成長過程を解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 置を開発し、チタン酸ストロンチウム(SrTiO 3 )単結晶表面上で金属酸化物薄膜が成長する様子を原子レベルで観察す... ことに初めて成功しました。その結果、チタン原子が薄膜表面に浮かび上がるという、薄膜成長メカニズムを明らかにし... した複合装置を独自に開発してきました。それに加えて、表面の原子が周期的に並んだSrTiO 3 単結晶基板を準備する方...
  • 表面構造: 浮かび上がるチタン原子像

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト 表面構造: 浮かび上がるチタン原子像 2009年07月27日 重要な... 触媒材料である酸化チタン(チタニア)の表面原子構造の問題を、超高分解能顕微鏡法で解決 図1: 超高... を使い、[001]方向から観察した酸化チタンTiO 2 (110)の表面構造。表面において再構成原子が観察できる。 化学反応の...
  • 電池材料表面の充放電特性をナノスケールで画像化!

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 電池材料表面の充放電特性をナノスケールで画像化! 2014年11月17日 電... 池材料表面の充放電特性をナノスケールで画像化! -リチウムイオン... 康史 助教、熊谷 明哉 助教らの開発チームは、電池材料表面の充放電特性を、ナノスケール(ナノは10億分の1)で連続...
  • 絶縁体に光を照射してスピン流を創り出す新しい原理を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 准教授らは、特定の金属微粒子への光照射で誘起される「表面プラズモン 注2) 」と呼ばれる電子の集団運動を磁石の中... ることが明らかになりました。今後の研究の進展により、表面プラズモンとスピン流を融合した新しい研究分野の形成や... ))に示します。特定の波長の可視光によって誘起された表面プラズモンと呼ばれる電子の集団運動を用い、絶縁体磁石...