"磁性"の検索結果

  • 研究者詳細

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... イト ReaD & ResearchMap 東北大研究者DB 研究テーマ 強磁性半導体の物性と応用(1994-) 主要業績 F. Matsukura, H... レスリリース 不揮発性メモリー等の性能向上に不可欠な強磁性体中の磁化ダイナミクスの仕組みを解明 2016年06月07日 ... プレスリリース 磁性半導体(Ga,Mn)Asが強磁性をしめすメカニズムを解明 2015...
  • スピントロニクス: スピン流を定量的に評価する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... すと大いに期待されているが、それを実現するためには非磁性材料にスピン流を効率的に導入するステップが重要になる... ため、研究者らは、p型ガリウムヒ素p-GaAs半導体層上に強磁性のガリウムマンガンヒ素(Ga,Mn)As層を堆積したサンプルを... 、p-GaAs層に生じた直流電圧を測定した。今回の研究は強磁性共鳴(FMR)条件のもとで行われたため、強磁性層の磁化ダ...
  • 2016年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 速で相変化するメカニズム 2016年08月30日 超薄膜物質の磁性を容易に測定できる手法を開発 2016年07月26日 マンガン... 6月14日 ガラスの「形」を数学的に解明 2016年06月07日 磁性半導体(Ga,Mn)Asが強磁性をしめすメカニズムを解明 2016... 23日 新構造磁気メモリ素子を開発 2016年02月16日 反強磁性体の新しい物理と応用を開拓 2016年02月04日 グラフェン...
  • スピン流が機械的な動力を運ぶことを実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 運ぶミクロな回転がマクロな動力となることを実証した。 磁性体で作製したマイクロデバイスにスピン流を注入した結果... 究員)らの研究グループは、マイクロメートルスケールの磁性絶縁片持ち梁(カンチレバー) 注1) を作製し、そこに磁... キャリアとして利用できると考えられており、例えば、強磁性体(磁石)にスピン流を流し込むことで磁石の向きを反転...
  • 2016年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 明らかになりそうだ 2016年11月28日 スピントロニクス: 磁性半導体の仕組みが明らかに Published in Scientific Rep... orts 紫外光を用いて高品質結晶を調べることで、磁性半導体の強磁性の仕組みが明らかになり、スピン偏極電子... ノピラー」構造を形成することができた 2016年01月25日 磁性: 電界が明らかにする磁石の性質 Published in Physica...
  • 核スピン由来のスピン流を世界で初めて検出

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... しました。この成果により、従来、金属中の伝導電子や強磁性体中のスピン波が主な研究対象となっていたスピントロニ... は最も重要な物理量です。これまで、金属中の伝導電子や磁性体中のスピン波をはじめ、様々なタイプのスピン流が発見... 3 )という物質に着目しました。この物質は磁化が反強磁性磁気秩序(注3)からわずかに傾いた弱強磁性体であり、非...
  • 宮﨑照宣名誉教授がNIMS Awardを受賞

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 実用化」とともに、本年のNIMS Award 2018 の対象分野「磁性・スピントロニクス材料」において世界的に傑出した業績... ライブ、磁気抵抗ランダムアクセスメモリ(MRAM)といった磁性材料を応用した産業創出につながり、社会に大きな影響を... で主任研究者・教授として世界最先端の研究を進められ、磁性・スピントロニクス分野で活躍する多くの若手研究者を育...
  • 新構造磁気メモリ素子を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... モリ素子を開発し、その動作実証に成功しました。 近年、磁性体(磁石)の磁化(N極/S極)の向きで情報を記憶する磁気... 導体ワーキングメモリの置き換えが可能です。この場合、磁性素子は電力を与えなくても記憶情報を保持できるため、シ... 伴う消費電力の増大が顕在化しています。このような中、磁性体を用いたメモリ(Magnetic Random Access Memory: MRA...
  • スピントロニクス人工ニューロン素子の超省エネ制御手法を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 幅に高められるものと期待されます。また、本研究から強磁性ナノ構造におけるエネルギー緩和に関する新たな機構が明... どが可能となる。 注2)スピントルク発振 ナノスケールの磁性体に直流電流が導入された際、伝導電子の持つスピンと磁... 性体の磁化の相互作用によって、磁性体の磁化ベクトルが一定周波数で定常的に振動する現象。...
  • ナノ秒電流パルスによる磁壁の高い制御性を実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 子分子材料科学高等研究機構・主任研究者兼任)らは、強磁性細線中の磁壁をナノ秒電流パルスにより極めて高い確率で... クス論理集積回路を実現する有望な技術の一つとして、強磁性細線中の磁壁を電流によって駆動する「電流誘起磁壁移動... な研究はなされていませんでした。 今回深見助教らは、強磁性細線中にパルス電流を導入したときに、ピン止めされてい...