"磁性"の検索結果

  • スピントロニクス: 磁気トンネル接合はフェリ磁性体の時代へ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ハイライト スピントロニクス: 磁気トンネル接合はフェリ磁性体の時代へ 2019年03月25日 ナノメートルスケールの薄さ... ネル接合が開発された 1 。 磁気トンネル接合素子は、非磁性絶縁体層が二つの磁性体層に挟み込まれた構造をもつ。通... 常は、接合を流れる電流によって二つの磁性体層の相対磁化のスイッチングを行うことで、情報の記憶...
  • スピン流スイッチの動作原理を発見・実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 原理の発見・実証が望まれていました。 本研究では、反強磁性体 注2) の相転移での振る舞いを利用して、スピン流スイ... きることを実証しました。スピン流の具体的な素子には、磁性絶縁体であるイットリウム鉄ガーネット(YIG)とスピン流... 検出用の白金(Pt)の間に、反強磁性体である酸化クロム(Cr 2 O 3 )を挟んだ構造を用いまし...
  • 異常ホール効果による磁化スイッチングに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 代表されるスピントロニクス素子は、磁石の性質を持つ強磁性体の磁石の分極(磁化方向)で情報の記憶を行い、スピン... からスピン流を創り出し、そのスピン流を記憶層となる強磁性体の磁化に作用させて磁化方向をスイッチングさせますが... 化のキーとなります。 現在では、磁石の性質を持たない非磁性体の中で生じるスピンホール効果 (注5) を利用する手法...
  • S 極と N 極が変わる際の摩擦の起源を明らかに

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ったため、「磁気的摩擦の大きさを決める要因の解明」は磁性分野の研究における重要な課題の一つとなっていました。... させることが難しかったためです。今回、松倉教授らは強磁性共鳴 注 1 を用いて電界を加えた強磁性半導体(Ga,Mn)As ... るのか、どのようにその大きさを制御するのかが、現在、磁性材料研究とスピントロニクス素子開発における重要な課題...
  • 磁気異方性における四極子の役割を解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 研究科スペクトル化学研究センター 物質・材料研究機構 磁性・スピントロニクス材料研究拠点 東北大学材料科学高等研... ンガン合金の場合は鉄やコバルトやニッケルなどの身近な磁性体とは異なる起源であることを実証しました。さらに、マ... 光計測ができるようになりました。得られた結果は、新規磁性体の開発や磁性に関する基礎物理学の微視的な理解を進展...
  • 化学結合性の簡易検査法の開発に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... (AIMR)の折茂慎一教授の共同研究チームは、ラーモア反磁性 注1) という物質の一般的な磁気応答特性が、構成元素... に似るものと言えるでしょう。 注目したのは、ラーモア反磁性と呼ばれる磁気応答特性(磁化率)です。1970年代から、... 個々の物質の結合軌道状態とラーモア反磁性磁化率が、量子力学的に正確に計算され始め、両者の密接...
  • スピントロニクス: 材料組成を調整してメモリー性能を向上させる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... に困難なのは、隣り合う膜のスピンが反対方向を向く反強磁性配列を実現することである。このたび、東北大学原子分子... 等研究機構(AIMR)の水上成美准教授のグループは、隣接磁性層間の相互作用を制御して、強磁性配列と反強磁性配列を... い手法を実証した 1 。 研究チームは、マンガン-ガリウム磁性薄膜と鉄-コバルト磁性薄膜が接する界面を作製し、これら...
  • ナノの世界で現れる磁気の渦の高速直進運動を初めて実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 運動の観測に成功しました。 磁気スキルミオンとは特殊な磁性体において現れるナノスケールの磁気の渦で、電流によっ... 目するトポロジーという数学的概念が注目されています。磁性体においてトポロジーで記述されるものとして磁気スキル... されています。積層構造はIr(イリジウム)を挟む2層の強磁性体とその上下に位置するW(タングステン)、Pt(白金)か...
  • スピン流-熱流変換現象の可視化に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 研究所の内田健一准教授(当時。現 物質・材料研究機構 磁性・スピント ロニクス材料研究拠点 グループリーダー)、... ルチェ効果は、スピン流から熱流を生成する現象であり、磁性体と金属の接合構造において発現する。 成果の内容 1.ス... に、本研究では金属薄膜(白金もしくはタングステン)と磁性ガーネット ※6 の接合構造を用いました。金属薄膜に電流...
  • スピントロニクス: 磁性半導体の仕組みが明らかに

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... イト内検索 検索 リサーチハイライト スピントロニクス: 磁性半導体の仕組みが明らかに 2016年11月28日 紫外光を用い... て高品質結晶を調べることで、磁性半導体の強磁性の仕組みが明らかになり、スピン偏極電子... が実現する可能性が出てきた 強力な光源を用いることで、磁性ドーパント原子(緑色の球)が半導体デバイス中のスピン...