"磁性"の検索結果

  • 不揮発性メモリー等の性能向上に不可欠な強磁性体中の磁化ダイナミクスの仕組みを解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... s Releases 不揮発性メモリー等の性能向上に不可欠な強磁性体中の磁化ダイナミクスの仕組みを解明 2017年03月21日 ... ー(CIES) 不揮発性メモリー等の性能向上に不可欠な 強磁性体中の磁化ダイナミクスの仕組みを解明 -磁気デバイス高... 究センターの前川禎通センター長のグループと共同で「強磁性体(磁石)薄膜中の磁化運動に影響を与える散乱機構」を...
  • ハーフメタルホイスラー合金におけるスピン変換を初観測

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... よく変換するかが素子性能を左右します。一方、磁石(強磁性体)の内部(バルク)と界面がどのようにスピン変換に寄... く理解されていませんでした。そこで、ホイスラー合金と磁性絶縁体であるY 3 Fe 5 O 12 結晶(以下、YIGと呼ぶ)を接... に由来する機構があることを発見しました。本結果は、強磁性体中でのスピン変換の機構解明に繋がる知見であり、バル...
  • スピントロニクス: 磁気トンネル接合はフェリ磁性体の時代へ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ハイライト スピントロニクス: 磁気トンネル接合はフェリ磁性体の時代へ 2019年03月25日 ナノメートルスケールの薄さ... ネル接合が開発された 1 。 磁気トンネル接合素子は、非磁性絶縁体層が二つの磁性体層に挟み込まれた構造をもつ。通... 常は、接合を流れる電流によって二つの磁性体層の相対磁化のスイッチングを行うことで、情報の記憶...
  • 反磁性機能酸化物で常磁性ナノピラーの高密度導入に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... サイト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 反磁性機能酸化物で常磁性ナノピラーの高密度導入に成功 2015年... 5日 東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR) 反磁性機能酸化物で常磁性ナノピラー(原子の柱)の高密度導入... 線によって酸化物の相変態が誘発されることを利用し、反磁性酸化物バルク中に、常磁性ナノピラー相を原子レベルで制...
  • スピン流を高効率で輸送できる新たな材料を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... を発見 スピントロニクスの常識を覆す 発表のポイント 常磁性絶縁体ガドリニウムガリウムガーネットが、長距離かつ高... 中をスピン伝播できることがわかった。 磁気秩序物質(強磁性・反強磁性)を主な研究対象にするスピントロニクス分野... で、磁気秩序のない物質群(常磁性)を利用する可能性を示した。 概要 東北大学金属材料研...
  • 電流を曲げるだけで熱制御可能な「異方性磁気ペルチェ効果」を観測

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 熱制御可能な「異方性磁気ペルチェ効果」を観測 ~単一の磁性体のみで加熱・冷却できる新機能を実証~ 概要 NIMSは、... 東北大学と共同で、磁性体中で電流を曲げるだけで加熱や冷却ができる熱電変換現... のみによって熱制御できる新しい機能が実証されました。磁性体における基本的な熱電変換現象であるにもかかわらず未...
  • 光パルスを用いた金属磁石表面の磁気の波の発生と検出に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 解・走査型磁気光学顕微鏡を構築。 光パルスによって金属磁性体の磁気(スピン)の波を発生させ、ピコ秒(10 -12 秒)... 東北大学大学院工学研究科安藤康夫教授らと共同で、金属磁性体表面の磁気の波(スピン波 [注1] )を光パルスで発生さ... せ、高精度に観測することに成功しました。 磁性体には特異な磁気の波が存在することが古くから知られて...
  • スピントロニクス: 材料組成を調整してメモリー性能を向上させる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... に困難なのは、隣り合う膜のスピンが反対方向を向く反強磁性配列を実現することである。このたび、東北大学原子分子... 等研究機構(AIMR)の水上成美准教授のグループは、隣接磁性層間の相互作用を制御して、強磁性配列と反強磁性配列を... い手法を実証した 1 。 研究チームは、マンガン-ガリウム磁性薄膜と鉄-コバルト磁性薄膜が接する界面を作製し、これら...
  • S 極と N 極が変わる際の摩擦の起源を明らかに

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ったため、「磁気的摩擦の大きさを決める要因の解明」は磁性分野の研究における重要な課題の一つとなっていました。... させることが難しかったためです。今回、松倉教授らは強磁性共鳴 注 1 を用いて電界を加えた強磁性半導体(Ga,Mn)As ... るのか、どのようにその大きさを制御するのかが、現在、磁性材料研究とスピントロニクス素子開発における重要な課題...
  • 原子の「坑道」が作る究極のナノ磁石

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... および名古屋大学の山本剛久教授と共同で、代表的な反強磁性体(注1)である酸化ニッケルに線上の格子欠陥である転位(... と、転位が4T(テスラ)を超える保磁力を有する硬質な強磁性となり、その強磁性が転位にそって導入されたNi空孔(注3... 力顕微鏡(注5)により観察することで、各転位がそれぞれ強磁性を示していることを世界に先駆けて発見しました。また、...