"水素発生反応"の検索結果

  • 貴金属触媒を使わない水素発生電極の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... られることが分かりました。 この材料を電極として用いて水素発生反応(酸性水電解)の実験を行いました。金属を使用せず窒素... 多孔質グラフェンでは硫黄周りにある欠陥構造が寄与して水素発生反応を促進したと思われます。また、炭素、窒素と硫黄のみで... 3 3次元窒素硫黄ドープナノ多孔質グラフェン電極による水素発生反応 白金代替金属であるニッケルと比較するために同様な条...
  • グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメージングにより初めて実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... を駆使し、設計した構造と化学ドープの相乗効果により、水素発生反応 (注5)が飛躍的に向上することを突き止めました。 貴... 窒素とリンを化学ドープする技術の確立と、DFT計算による水素発生反応に関与するプロトンの吸着エネルギー結果を比較し、世界... して、原子一層で構成される二次元原子膜を用いた、高い水素発生反応性を目指した材料の研究開発が盛んです。本研究グループ...
  • グラフェン: 白金を使わない高性能な水素発生電極

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... さまざまな課題がある。 水素燃料電池は、酸素還元反応と水素発生反応という2つの電気化学反応を経て電気を作り出す。どちらの... 酸素還元反応の大幅な効率化に成功している 2 。しかし、水素発生反応の効率化はさらに大きな課題であった。 伊藤助教・Chen教... で、二硫化モリブデンというグラフェンに似た2次元材料を水素発生反応の触媒するのに硫黄が不可欠であることを突き止めている...
  • グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の数学的な設計

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... イト内検索 検索 リサーチハイライト グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の... を意図的に作製し、かつ化学種を導入することによって、水素発生反応における電極触媒活性を高めることができる。 © ANIMATE... 、窒素原子とリン原子を共に含有するグラフェン構造が、水素発生反応(HER)の電極触媒として、高価な白金触媒と同等以上の性...
  • 水素発生触媒のナノスケールの触媒活性サイトを電気化学的にイメージングすることに成功!

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 気化学セル顕微鏡(SECCM)( ※1 )の高解像度化を行い,水素発生反応(HER)の触媒として期待されている遷移金属カルコゲナイ... 非常に安価で大量に作製が可能であり,白金(Pt)に代わる水素発生反応の触媒として期待されています。しかしPtに比べ触媒能が... 世界で活発に行われています。そのほとんどは,材料全体の水素発生反応の効率から評価されており,電気化学的に活性な部分がどの...
  • グラフェン: 3次元ナノ細孔で触媒反応を成功させる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 」。 バッテリーや燃料電池では、酸素還元反応だけでなく水素発生反応にも触媒が重要な役割を果たしている。研究チームは現在... 、この水素発生反応に対する触媒活性を付与することを目指し、3次元ナノ構造...
  • リサーチハイライト

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... せることに成功した 2019年09月30日 グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の...
  • 2019年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... せることに成功した 2019年09月30日 グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の...
  • 東北大学材料科学高等研究所 (AIMR)

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 滴で磁化を保持させることに成功した グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の...
  • 研究者詳細

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 019年09月30日 リサーチハイライト グラフェンにおける水素発生反応:電気化学イメージングによる可視化と最適エッジ構造の...