"極薄"の検索結果

  • ポリマー: 液滴を包み込む自己折り畳みシート

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ー: 液滴を包み込む自己折り畳みシート 2015年11月30日 極薄のポリマーシートが最も効率のよい方法で液滴を包み込ん... しい幾何学モデルにより明らかになった 厚さ39 nmという極薄の円形ポリスチレンシートを水滴の上に載せると、しわく... 大学の共同研究チームが、人毛の太さの約2000分の1という極薄のポリマーシートを使って、餃子やサモサのような形状に...
  • 電荷密度波: 基板を真似る金属膜

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... を真似る金属膜 2018年08月27日 基板上に形成された金属極薄膜の電子の振る舞いは、基板の電子の影響を受ける ビスマ... ス(Bi)極薄膜の電子は、伝導電子帯と価電子帯の間にバンドギャップ... 生じる(右)。 © 2018 Seigo Souma 基板上に形成された極薄金属層の電子が、その下の基板中の電子と同じ振る舞いを...
  • 細胞のための極薄カーペットを開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 検索 検索 プレスリリース Press Releases 細胞のための極薄カーペットを開発 2013年06月27日 細胞のための極薄カー... 基底膜(*2)と呼ばれる厚さ数十ナノメートルの繊維状の極薄膜が細胞の支持体となることで、立体的で階層的な構造(... 重ねるなど)を維持しています。したがって、このような極薄の足場材料を作ることができれば、シート状の細胞を丸め...
  • トポロジカル絶縁体: 金属にトポロジカルな特性を付与する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... な特性を付与する 2015年06月29日 トポロジカル絶縁体に極薄の金属膜を接合させると、トポロジカル絶縁体の伝導特性... 電子状態が、トポロジカル絶縁体(TlBiSe 2 )の表面から極薄金属ビスマス層(赤色の球)へと移動することを見いだし... 、表面でユニークな伝導特性を示すトポロジカル絶縁体と極薄の金属膜を接合させると、トポロジカル絶縁体の表面の伝...
  • 極薄超伝導体において揺らぎから生じる特殊な金属相を観測

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... sh サイト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 極薄超伝導体において揺らぎから生じる特殊な金属相を観測 2... 日 東京工業大学 東京大学大学院理学系研究科 東北大学 極薄超伝導体において揺らぎから生じる特殊な金属相を観測 -... 化に成功 ホーム ニュース・広報 プレスリリース 2019年 極薄超伝導体において揺らぎから生じる特殊な金属相を観測...
  • 2015年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 込む自己折り畳みシート Published in Nature Materials 極薄のポリマーシートが最も効率のよい方法で液滴を包み込ん... ished in Nature Communications トポロジカル絶縁体に極薄の金属膜を接合させると、トポロジカル絶縁体の伝導特性...
  • グラフェン: 最も薄い超伝導体

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... の厚さを減らし、極限まで薄くすることに成功した。この極薄のグラフェン-カルシウム-グラフェン材料を作成するため... ら提供されたものです。 キーワード グラフェン 超伝導 極薄 層間化合物 Tweet リサーチハイライト一覧へ 研究 研究...
  • 寒川誠二教授の研究グループ 超低損傷中性粒子ビーム酸化プロセス技術による12ナノメートル世代以降の高品質Ge MOSトランジスタ構造を実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ム酸化プロセスを用いることで、困難であった2.0nm以下の極薄高品質ゲルマニウム酸化膜(EOT<2.0nm)の直接形成を初め... 熱酸化やプラズマ酸化によるゲルマニウム酸化膜に比べて極薄のゲルマニウム酸化膜が界面準位が低い状態で形成できる... おりました。しかし、中性粒子ビーム酸化を用いて高品質極薄ゲルマニウム酸化膜が実現できたことから、今後ゲルマニ...
  • 寒川誠二教授の研究グループ 高密度・均一量子ナノ円盤アレイ構造による高効率・量子ドット太陽電池の実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... のキーポイントは、基板表面に中性粒子ビーム酸化により極薄酸化膜を低温で形成することであります。中性粒子ビーム... 酸化はシリコン、ゲルマニウム、GaAsなどの表面に低温で極薄酸化膜を安定して形成することが出来ます。この酸化膜は...
  • 2013年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ムイオン電池開発に新指針 2013年06月27日 細胞のための極薄カーペットを開発 2013年06月26日 強くて導電性の高い生...