"強磁性金属"の検索結果

  • 薄膜: 分子で磁性が変化する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ンタセン分子はコバルト薄膜表面で結晶を形作っている。 強磁性金属薄膜は、電子の電荷とスピンの両方を利用できるため、多... トロニクスデバイスにおいて極めて重要な役割を果たす。強磁性金属電極の磁化によって電子のスピンを制御するスピンバルブ... 基礎的な磁気特性を理解するために重要であると同時に、強磁性金属電極間に分子層が配置された有機スピンバルブの特性を改...
  • ミクロな磁気構造のゆっくりした変化に統一的理解

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 駆動された場合で異なる普遍性クラスに属するのに対し、強磁性金属からなる細線においては同一の普遍性クラスに属すること... が実験で示されていました。 研究手法と成果 本研究では強磁性金属材料であるCoFeBからなる細線を用い、磁場及び電流によっ... ング指数が得られました(図3)。興味深いことに、従来の強磁性金属材料で得られていた結果とは異なり、今回用いた金属製の...
  • 電流を曲げるだけで熱制御可能な「異方性磁気ペルチェ効果」を観測

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 気ペルチェ効果を観測するために、本研究では、一般的な強磁性金属 (6) であるニッケル(Ni)を用いました。ニッケルを“コ... 、基礎物理研究においても重要な役割を担っている。 (6) 強磁性金属 スピンが同一の方向に揃い、外部磁場が無くても大きな...
  • 金属薄膜のエッジにおける異常な電子スピンの偏りを発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 行われています。現在主流のスピントロニクス素子では、強磁性金属の磁石としての性質を利用して、電子のスピンの上向きと...
  • 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... の開発が非常に重要です。既に実用化された素子として、強磁性金属をベースにした磁気抵抗メモリ(MRAM) 注4) があり、ほ...