"半導体"の検索結果

  • 従来の性能を越える新しい有機半導体用電極の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... リリース Press Releases 従来の性能を越える新しい有機半導体用電極の開発 2017年10月18日 東北大学材料科学高等研究... 理学研究科 東京工業大学 従来の性能を越える新しい有機半導体用電極の開発 - 電極材料によらず電子・正孔両方の注入が... 可能に - 発表のポイント ● 有機半導体において、通常の金属電極を凌駕する世界最高性能の電荷...
  • 磁性半導体(Ga,Mn)Asが強磁性をしめすメカニズムを解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... サイト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 磁性半導体(Ga,Mn)Asが強磁性をしめすメカニズムを解明 2016年06月... スピントロニクス学術連携研究教育センター(CSRN) 磁性半導体(Ga,Mn)Asが強磁性をしめすメカニズムを解明 -20年来続... 同理学研究科の佐藤宇史准教授らの研究グループは、磁性半導体(Ga,Mn)Asの強磁性発現機構の解明に成功しました。(Ga,...
  • 有機オプトエレクトロニクス: 汎用的な電極

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 2017年12月25日 特殊な構造の電極を用いることで、有機半導体に電子と正孔の両方を注入することができた 研究に使用し... た実験装置の写真。同じ材料でできた電極で、有機半導体に電子と正孔を注入することができる。 © 2017 Thangave... l Kanagasekaran 有機材料でできた柔軟な半導体に電子と正孔(正電荷を持つキャリア)の両方を注入でき...
  • 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... レスリリース Press Releases 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見 2012年04月06日 ... ニズムとして注目されている「ラシュバ効果」 注2) が、半導体と金属の界面(接合面)で起きていることを突き止めまし... 状態を詳しく調べることで行われました。今回の発見は、半導体電子デバイスと同様に、物質の接合面を利用した次世代の...
  • 3次元量子ドット構造の形成実現によるInGaAsナノ円盤構造を世界で初めて観察

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 幅の広い発光を実現しました。 ガリウム砒素などの化合物半導体はシリコンに比べて光の発光効率や吸光効率が極めて高く... 、特に化合物半導体量子ドットは、ナノスケールの構造から生じる量子効果に... では、微細化に限界があるばかりではなく、脆弱な化合物半導体では激しく欠陥が生成されるため、発光効率が大きく劣化...
  • 超低損傷3次元InGaN量子ナノディスク創成により発光効率100倍に

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... オンライン版に正式公開されました。 研究の背景 化合物半導体量子ドットレーザ 注4) および発光ダイオード(LED: li... る表面欠陥生成が大きな問題となっています。特に化合物半導体はシリコンに比べて不安定な材料でプラズマに対して脆弱... 子ビームによる加工・表面改質・材料堆積技術は、現在の半導体業界が直面している革新的ナノデバイスの開発を妨げるプ...
  • 窒化ガリウムマイクロLEDの発光効率を低電流密度で5倍に高効率化

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)窒化物半導体先進デバイスオープンイノベーションラボラトリ【ラボ長... 困難であった。 研究の経緯 産総研は、これまでに可視光半導体LEDの高効率化の研究開発に取り組んできた。また、最近... Nナノ構造の作製にも取り組んでいる。一方、東北大は、半導体材料を超低損傷でエッチングできる中性粒子ビームエッチ...
  • 3次元量子ドット構造の形成実現によるLED発光を初めて観察

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... を世界で初めて実現しました。 ガリウム砒素などの化合物半導体はシリコンに比べて光の発光効率や吸光効率が極めて高く... 、特に化合物半導体の量子ドットレーザ 注3) は、ナノスケールの構造から生... では、微細化に限界があるばかりではなく、脆弱な化合物半導体では激しく欠陥が生成されるため、発光効率が大きく劣化...
  • 電子・正孔対が作る原子層半導体の作製に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... レスリリース Press Releases 電子・正孔対が作る原子層半導体の作製に成功 2015年12月11日 東北大学原子分子材料科学... 学学際科学フロンティア研究所 電子・正孔対が作る原子層半導体の作製に成功 -グラフェンを超える電子デバイス応用へ道... 理論的には理解されていますが、実験的には、-70℃付近で半導体から金属へ変化するという特異な性質を示す事が分かって...
  • 原子配置制御による原子層金属/半導体の作り分けに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... リリース Press Releases 原子配置制御による原子層金属/半導体の作り分けに成功 2016年11月07日 原子配置制御による原... 子層金属/半導体の作り分けに成功 -超微細電子デバイス応用へ新たな道- ... ても、局所構造のトポロジーを変化させることで、金属と半導体(絶縁体)を作り分けることができる事を示しています。...