"分光法"の検索結果

  • スピン波の新たな分光法を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 検索 プレスリリース Press Releases スピン波の新たな分光法を開発 2017年06月13日 東北大学材料科学高等研究所(AI... 材料研究所 九州大学大学院理学研究院 スピン波の新たな分光法を開発 -スピントロニクスの発展貢献に期待- 概要 東北大... 、静磁波の分散関係を簡便に決定する「新しいスピン波の分光法」を開発しました。従来の原子炉を必要とする中性子線や...
  • 単一分子分光法: しわしわの金が新しいスタンダードに?

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... glish サイト内検索 検索 リサーチハイライト 単一分子分光法: しわしわの金が新しいスタンダードに? 2011年09月26日... 構(AIMR)の研究者らが明らかにした 1 。表面増強ラマン分光法(SERS)という手法において、このナノポーラス表面を用... った1個の分子であっても検出できるようになる。 ラマン分光法は、多くの分子が光と相互作用し、特徴的なスペクトルで...
  • グラフェンの電子状態を制御することに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... た二層グラフェン化合物を合成し、走査型トンネル顕微鏡/分光法 注3) と光電子分光法 注4) により評価を行ったところ... を作製しました。それらについて、走査型トンネル顕微鏡/分光法(図3)と光電子分光法を用いて原子の観察と電子状態の観... ラフェン化合物の結晶構造。 図3: 走査型トンネル顕微鏡/分光法の概念図。探針-試料間に流れる微小なトンネル電流を利...
  • 鉄系超伝導体: 超伝導に関わる不可解な相

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 分子材料科学高等研究機構(AIMR)の研究者らは、光電子分光法を用いた解析を行い、鉄セレン(FeSe)の超伝導機構の解... 者らは今回、高品質FeSe単結晶を作成し、角度分解光電子分光法を用いて電子のエネルギー状態の温度変化を調べることが... な役割を果たしていることを示していた。 角度分解光電子分光法での測定は、FeSeの電子バンド構造に大きな分裂があるこ...
  • 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 東北大と大阪大の共同研究グループは、スピン分解光電子分光法 注6) という手法(図 2)を用いて、ビスマス(Bi)金... 技術の開発が期待されています。 注6)スピン分解光電子分光法 物質表面に高輝度紫外線を照射して、外部光電効果によ... 参考図 図1 ラシュバ効果の模式図 図2 スピン分解光電子分光法の原理 図3 超高分解能スピン分解光電子分光装置の写真 ...
  • 金属薄膜のエッジにおける異常な電子スピンの偏りを発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 大学と大阪大学の共同研究グループは、スピン分解光電子分光法 注5) という手法(図2)を用いて、ビスマス(Bi)金属... 図1 半導体界面でのラシュバ効果 図2 スピン分解光電子分光法 図3 Bi薄膜の構造の模式図。通常の結晶は3次元、最表面... た技術の開発が期待されています。 5. スピン分解光電子分光法 物質表面に高輝度紫外線を照射して、外部光電効果によ...
  • 新型鉄系超伝導体の原子層シート化に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 製に初めて成功しました(図1)。さらに、角度分解光電子分光法 ※4 (図2)という手法を用いて、FeS薄膜とFeSe薄膜の電... を進めることが可能になりました。 注4)角度分解光電子分光法 結晶の表面に紫外線を照射して、外部光電効果により結...
  • 原子層高温超伝導体を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 成しました。この原子層超薄膜に対して、角度分解光電子分光法 注4) (図2)という方法を用いてその電子状態を精密に測...
  • ミクロな世界のサンドウィッチ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ウム-グラフェン層間化合物について、その性質を、光電子分光法 注1) (図2)と走査型トンネル顕微鏡 注2) (図3)を...
  • 超伝導: 注目を集めるグラファイト

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... った 図1: C 6 Ca結晶の写真(上)および高分解能光電子分光法で画像化した超伝導C 6 Caの電子状態(下)。 近年、グラ...