"ラシュバ効果"の検索結果

  • 金属薄膜のエッジにおける異常な電子スピンの偏りを発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 、電子の運動方向と連動してスピン 注1) の向きが揃う「ラシュバ効果 注2) 」が起きていることを世界で初めて突き止めまし... た。 ラシュバ効果は、磁石の性質を持っていない物質でも、電子のスピンの... して注目されています。これまで様々な物質で薄膜表面のラシュバ効果は観測されており、それを利用した素子の作成も研究され...
  • 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... es 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見 2012年04月06日 次世代の省エネルギーデバイス開... デバイス 注1) の動作メカニズムとして注目されている「ラシュバ効果」 注2) が、半導体と金属の界面(接合面)で起きている... の研究によって、重い金属の表面や半導体同士の界面に「ラシュバ効果」と呼ばれるスピンの向きを揃える効果があることが分か...
  • スピントロニクス: 両面で発現するスピン

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 電子源の実現へ向けて大きな前進が得られた スピン偏極(ラシュバ効果)はビスマス薄膜の表面(上の面)で通常観測されるが、... 」を用いるのが有望と考えられている。その一例である「ラシュバ効果」は、物質が(一般的にはその表面に)ある種の非対称性... いたデバイス研究が精力的に行われている。 研究チームはラシュバ効果を示す金属ビスマス超薄膜について、高精度の実験を行い...
  • や、ら、わ行

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 陽電池の材料として活発な研究が行われています。 ら行 ラシュバ効果 表面や半導体接合面などの2次元系に出現する現象で、こ... 元面で垂直なスピンの向きを持つようになります。通常のラシュバ効果では、上向きと下向きのスピンが同じ数だけ存在するため...
  • 高山あかり博士 ロレアル-ユネスコより奨励賞受賞

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 、世界最高分解能測定によって、半導体ー金属界面に巨大ラシュバ効果と呼ばれる電子スピンの振る舞いを発見し、スピントロニ... 情報 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見 東北大学女子学生入学100周年記念事業 問い合わせ...
  • 鋭い観察眼でスピンを調べる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... スマス超薄膜を調べ、これまで実験的観測が難しかった「ラシュバ効果」が薄膜の表面だけでなく、半導体基板との界面でも起き... ていることを明らかにしました。ラシュバ効果では、電場で電子スピンの向きをそろえる(偏極させる)...
  • 研究者詳細

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ース 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つのターゲッ...
  • バンド構造エンジニアリング: 質量ゼロの電子に質量を持たせる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ワード ゼロ質量 ディラックフェルミ粒子 ディラック錐 ラシュバ効果 スピン軌道結合 Tweet リサーチハイライト一覧へ 研究...
  • 高山あかりさん 育志賞受賞

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... イト 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見 Tweet ニュース・広報 プレスリリース 2019年 20...
  • 2012年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 6日 高橋隆教授の研究グループ 半導体-金属界面で巨大なラシュバ効果を発見 ニュース・広報 プレスリリース 2019年 2018年 2...