"メモリー"の検索結果

  • 相変化メモリー: 超高速スイッチングで隠れた性質が見えてきた

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... English サイト内検索 検索 リサーチハイライト 相変化メモリー: 超高速スイッチングで隠れた性質が見えてきた 2015年... 10月26日 高速相変化メモリーデバイスの温度依存性が予想外に複雑であることが明らか... の発見は、カルコゲナイドガラスを次世代コンピューターメモリーセル用に最適化するのに役立つ可能性がある 1 。 ゲルマ...
  • 不揮発性メモリー等の性能向上に不可欠な強磁性体中の磁化ダイナミクスの仕組みを解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 不揮発性メモリー等の性能向上に不可欠な強磁性体中の磁化ダイナミクスの... 集積エレクトロニクス研究開発センター(CIES) 不揮発性メモリー等の性能向上に不可欠な 強磁性体中の磁化ダイナミクスの... ました。 本研究で用いたCoFeB/MgO接合は、不揮発性磁気メモリーの材料として最も注目を集めている材料です。この材料系...
  • 最強のタッグ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... を切っても情報を保持していられる高効率コンピューターメモリー」や、「太陽光エネルギーや水素エネルギーにより実現す... ーチセンターの研究員であるJiri Orava助手は、不揮発性メモリーへの応用が期待されるカルコゲナイドという化合物群を研... 性質を調べるとともに、この材料を用いて既存の不揮発性メモリーを改良する可能性を探っている。不揮発性メモリーとは、...
  • スピントロニクス: 材料組成を調整してメモリー性能を向上させる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... サーチハイライト スピントロニクス: 材料組成を調整してメモリー性能を向上させる 2014年08月25日 材料組成の調整が、マ... 言う。また、マンガン-ガリウム膜が磁気ランダムアクセスメモリーなどのデバイスに応用される可能性も高くなる。実際、研... 回開発した膜を使って、磁気トンネル接合デバイスというメモリーデバイスを作製してみたところ、非常にうまく機能した。...
  • 2017年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... の簡便な作製法と転写法を確立 2017年03月21日 不揮発性メモリー等の性能向上に不可欠な強磁性体中の磁化ダイナミクスの...
  • ガラス: 無秩序から無秩序への転移

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 移は、ガラスに関する根本的な問題を提起するとともに、メモリーデバイスの開発につながることが期待される As 50 Se 50... 2013 Jiri Orava 書き換え型光ディスクやコンピュータメモリーに使われている相変化材料は、現代のコンピュータ開発に... ングに比べて構造変化に関与する原子の数が少ないため、メモリーデバイスの作製に利用できる可能性がある。「次の研究段...
  • 研究者詳細

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 効果が明らかに 2017年03月21日 プレスリリース 不揮発性メモリー等の性能向上に不可欠な強磁性体中の磁化ダイナミクスの...
  • 絶縁体に光を照射してスピン流を創り出す新しい原理を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... を用いれば、電源を切ってもデータが消えない不揮発性のメモリーを構築可能であり、MRAM(磁気抵抗メモリー)やSTT-RAM... (スピン注入メモリー)などがすでに製品化されています。さらに、電荷の流れ... でのスピン流に関する研究の大部分は、情報伝送、演算やメモリー応用を意図したものでしたが、これらの成果によってスピ...
  • スピン流が機械的な動力を運ぶことを実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ができます。この現象は磁石の向きでビットを表す次世代メモリーである磁気ランダムアクセスメモリー(MRAM)の基本技術...
  • スピン流スイッチの動作原理を発見・実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ピントロニクスを利用したデバイスは、高速かつ不揮発なメモリーや、超高密度なハードディスクとして身近になりつつあり... ピントロニクスを利用したデバイスは、高速かつ不揮発なメモリーや、超高密度なハードディスクとして身近になりつつあり...