"ナノ構造"の検索結果

  • メタマテリアル微粒子による超高感度な分析技術を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 性を持たせた人工物質をメタマテリアルと呼びます。金属ナノ構造の形状や配列を制御して特定の波長の光を吸収させたり、... させる試みがなされてきました。しかしながら従来の金属ナノ構造は半導体微細加工技術などを使用して、二次元平面上に作... たせた人工物質であるメタマテリアルを用いて、その金属ナノ構造の形状や配列を最適化することで、表面に吸着した分子の...
  • 貴金属、レアアースを使わない高性能排ガス触媒の開発に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 応に活性であり、長時間の高温使用にも耐えられる特有のナノ構造になっていることを明らかにしました。また、世界で初め... 微鏡によってその場観察することにも成功し、その特有のナノ構造が触媒反応によって引き起こされることを突き止めました... ら、銅がナノポーラスNiMnOネットワークに絡まって特異なナノ構造を形成しているのがわかる。 図5 NO還元反応中のナノポー...
  • セラミックス内に規則的に並んだ電気の通路を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 助教らの研究グループは、ファインセラミックスセンターナノ構造研究所と共同で元素識別可能な分析装置(電子エネルギー... 合研究機構 教授 財団法人ファインセラミックスセンターナノ構造研究所主管研究員 幾原 雄一 (イクハラ ユウイチ) 住所...
  • wpi_2010-03_BP.pdf

    東北大 WPI 研究者が交流する場のティータイム 親密で熱い議論が 「融合研究」 を生む (注) * ンパク... 痛感している。 イヤー」 1) (図 という新しい 1 次元ナノ構造を誕生させ 1 μm 程度のワイヤーができていた。また、カ... 力顕微鏡で観察した結 Height / nm 凝着エネルギーなどのナノ構造の地図 (像) を多数観察 果、軟らかいゴム状の高分子が...
  • 反磁性機能酸化物で常磁性ナノピラーの高密度導入に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... トフォーム事業および科学研究費補助金・新学術領域研究”ナノ構造情報のフロンティア開拓-材料科学の新展開”の一環として...
  • 金触媒反応: 原子スケールで触媒を調べる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 触媒能に重要な役割を果たしていることを示した 1 。 金ナノ構造体は酸化反応を加速する触媒として広く利用されていて、... 解明されておらず、長年にわたって論争が続いている。 金ナノ構造体の触媒機構の解明を難しくしている要因の一つは、その ナノ構造にある。金ナノ構造体の多くは酸化物表面に金ナノ粒子を担持させた構造にな...
  • 金属ガラス: 明らかになった不均一性

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 構造秩序を検出することができました」。 金属ガラス中のナノ構造は、その特性を決める重要な要素である。「結晶材料の強... ス 不均一性 結晶構造 オングストロームビーム電子回折 ナノ構造 無秩序 Tweet リサーチハイライト一覧へ 研究 研究者・...
  • ナノロッド: 低温域で機能する酸素吸蔵放出材料

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... す酸化セリウム系材料は助触媒として魅力的だ。 一般に、ナノ構造体を作製する従来法の多くは高い処理温度を必要とする。... 、400℃以下の低温域で酸素吸蔵放出能を持つ酸化セリウムナノ構造体を作製することはこれまで困難であった。 今回、浅尾直... った(図参照)。穏やかな処理温度が、このような微細なナノ構造の構築を可能にしたのである。 本作製法は、同じ研究チー...
  • 3つの異なる顔を持つアシュラ粒子の作製に成功!

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 作製法を発見。 組み合わせるポリマーの種類により粒子のナノ構造を自在に制御。 実験結果を再現・予測できる数理モデルの... 3つの異なる「顔」を持つ「アシュラ粒子」を含む多様なナノ構造を持つポリマー微粒子の作製法を発見し、さらに実験結果... 製法により、ポリマーの相分離を利用して微粒子の内部にナノ構造を形成する研究を行ってきました。今回、表面張力の異な...
  • グラフェン: 3次元ナノ細孔で触媒反応を成功させる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 発生反応に対する触媒活性を付与することを目指し、3次元ナノ構造をもつグラフェンの触媒能力をさらに高める方法を研究し...