"ナノテクノロジー"の検索結果

  • 中国に新設されたナノテクノロジーの中核的研究拠点を訪問

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 内検索 検索 スポットライト 国際交流 中国に新設されたナノテクノロジーの中核的研究拠点を訪問 2016年12月26日 AIMRの研究者が... ナノ結晶(ナノ構造)材料を発見した。この発見が、今日ナノテクノロジーと呼ばれる全く新しい領域を構成する何本かの柱の一つに... ードのメンバーであり、ドイツのカールスルーエ工科大学ナノテクノロジー研究所の上席研究員で創設者かつ初代ディレクターでもあ...
  • ナノテクノロジー: 金属ガラスナノワイヤ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト ナノテクノロジー: 金属ガラスナノワイヤ 2010年02月22日 金属ガラス製の... ホーム 研究 AIM Research リサーチハイライト 2010年 ナノテクノロジー: 金属ガラスナノワイヤ...
  • 顔料からの有限長カーボンナノチューブ分子の合成に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ーブ(0.75 ナノメートル)の合成が達成されました。量産型ナノテクノロジーの実現に向け、現代有機合成化学による新たな展開がもた... ・トン単位で入手可能な顔料を原料とすることで、量産型ナノテクノロジーの実現にまた一歩、大きな進展がもたらされた成果となり... 、化学的特性などに多様性を示し、次世代産業に不可欠なナノテクノロジー材料として、今なお、世界中で最も注目されている材料で...
  • 中山幸仁准教授の研究グループ アモルファス合金ナノワイヤーの大量生産法の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ス合金ナノワイヤーの大量生産法の開発 2012年04月19日 ナノテクノロジーの新たな幕開け 研究概要 東北大学原子分子材料科学高等... ランスの磁心材料としても利用されています。 これまでのナノテクノロジー研究分野では、カーボンナノチューブやシリコンナノワイ... 金の様々な機能性をナノスケールで発揮できる道も開け、ナノテクノロジーが活用できる新たな材料部材として期待されています。 研...
  • 3次元量子ドット構造の形成実現によるInGaAsナノ円盤構造を世界で初めて観察

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ット中の電子を用いた半導体レーザ。日本で発明された。ナノテクノロジーの進展により、10nm近くの立体構造の形成が可能になって... を制御することができるため、半導体レーザを初めとするナノテクノロジーといった数nmの設計が必要な分野で用いられる。代表的な... 流体科学研究所 未到エネルギー研究センター グリーンナノテクノロジー研究分野 教授 寒川誠二(サムカワ セイジ) 住所: 仙台...
  • 超低損傷3次元InGaN量子ナノディスク創成により発光効率100倍に

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 半導体レーザの活性層に量子ドットを用いたものである。ナノテクノロジーの進展により、10nm程度の3次元ナノ構造の形成が可能にな... 厚を制御可能なため、量子井戸半導体レーザを初めとするナノテクノロジー分野で工業的に利用されている。数nmの設計が容易にでき... 大学流体科学研究所未到エネルギー研究センター グリーンナノテクノロジー研究分野 教授 TEL/FAX: 022-217-5240 E-mail: samukawa...
  • 超極細チタン酸ナノワイヤーの作製手法の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 金属酸化物のナノ材料化への応用も期待されることから、ナノテクノロジー研究の発展に大きく道を開くものです。 本研究成果は、米...
  • 「ナノサイズのコマ」も「歳差運動」と「自転運動」の二種で回る

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 、化学的特性などに多様性を示し、次世代産業に不可欠なナノテクノロジー材料として、今なお、世界中で最も注目されている材料で...
  • ナノポーラス触媒の劣化メカニズムを原子レベルで解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 研究の超高圧電子顕微鏡観察は名古屋大学の「文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業 微細構造解析プラットフォーム」の...
  • 腐食耐性があり水素発生効率の高い卑金属電極を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... レベル研究拠点プログラム(WPI) ・ 文部科学省委託事業ナノテクノロジープラットフォーム課題 物質・材料研究機構微細構造解析プ...