"ドーピング"の検索結果

  • 多孔質グラフェン電極の量産化が視野に

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... プした3次元ナノ多孔質グラフェン電極はドープ種類とそのドーピング量が増えるにつれて水素を発生させるために必要な電圧が...
  • スーパーキャパシタ: わずかな金の添加で電気伝導性が向上

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 着させた。MnO 2 の電気化学的析出と、このような金の「ドーピング(添加)」を交互に数回繰り返すことにより、スーパーキ... スーパーキャパシタ用の材料として最も有望です。そしてドーピングは、電気伝導性を高める最も簡単で最良の方法です」とCh... 来、MnO 2 厚膜デバイスが製品化される際にはこのようなドーピング法が役立つはずだと確信している。 References Kang, J....
  • 鉄系超伝導体: FeSe原子層超薄膜の高温超伝導

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... からだ。 研究者たちは以前から、FeSe薄膜の電荷キャリアドーピングが超伝導に重要な影響を及ぼすと考えていた。しかし、こ... の予想を検証しようにも、基板を通して膜にドーピングするしか方法がなく、この方法では限られた数のキャリア... 膜の超伝導が観測されなかったのは、基板からのキャリアドーピングが不十分だったからであることを明らかにした。 「単純な...
  • 電極触媒反応: グラフェン電極の新製法で触媒特性も向上

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... が起こりやすくなると考えている。細孔サイズを利用してドーピングを制御することにより、材料を微調節して、触媒特性をさ... ワード ナノ多孔質グラフェン 炭素 水分解 触媒 水素 共ドーピング Tweet リサーチハイライト一覧へ 研究 研究者・研究室...
  • グラフェン: 白金を使わない高性能な水素発生電極

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 5年03月30日 3次元ナノ多孔質グラフェンに窒素と硫黄をドーピングし、欠陥を形成させることによって、安価で高効率な水素... 池用触媒の開発に成功した 窒素(赤色)と硫黄(緑色)をドーピングした3次元ナノ多孔質グラフェンの構造。枠内は、考えられ... わせて3次元網目構造を形成させ、そこに窒素を少量添加(ドーピング)することによって、酸素還元反応の大幅な効率化に成功...
  • 電子顕微鏡法: 埋もれた界面に存在する一個一個の原子を観察

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 報を原子スケールで収集することができれば、材料界面のドーピングについての理解を深め、より巧妙に制御できるようになる...
  • 貴金属触媒を使わない水素発生電極の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... を持った構造であることを確認し(図2(b))、化学的にドーピングされた窒素と硫黄元素がグラフェン上で均一に混じってい... と硫黄元素をドープした3次元ナノ多孔質グラフェンはそのドーピング量が増えるにつれて水素を発生させるために必要な電圧が...
  • 酸化物: 常識をくつがえす

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 物は、結晶構造や組織、組成を変えたり、異なる原子を「ドーピング(添加)」したりすることで、高絶縁性から高導電性へと... 性を向上させる標準的な方法は電荷を担う電子を生み出すドーピングだが、今回、その電子の密度が変化することなく導電性が... 生じたため、この状態がドーピングに起因するものではないことを示している。 具体的には、...
  • た行

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 針)と試料の間に電場が生じます。電界ともよばれます。 ドーピング 母体結晶には存在していない不純物元素を、意図的に少...
  • 超伝導体: 未来を担う

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 自由電子が重要な役割を担っていることを考えると、化学ドーピング法により高密度の自由電子を注入すれば、多くの材料が超... 常に意義がある。 川崎教授は、「私たちの手法には、化学ドーピングのような限界はありません。十分な量の電荷キャリアを注...