"スピントロニクス"の検索結果

  • スピンダイナミクス: ナノ構造中のスピン運動を調べる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 磁気ナノ構造中のスピン運動の詳細は、低消費電力の高速スピントロニクスデバイスの開発に役立つであろう 図1: (a) MRAM素子、お... ギルバート緩和が広く調節できることが実証されました。スピントロニクス応用では、高速・低消費電力を実現するために、 H eff を...
  • 大野英男教授の研究グループ スピントロニクス技術を用いた世界最小の待機電力ゼロ汎用検索集積回路(TCAM)の実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... スリリース Press Releases 大野英男教授の研究グループ スピントロニクス技術を用いた世界最小の待機電力ゼロ汎用検索集積回路(... 東北大学(総長:里見進/以下、東北大学)省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター及び電気通信研究所の大野英男教... 日本電気株式会社(以下、NEC)との産学連携研究により、スピントロニクス技術であるスピン注入磁化反転型磁気トンネル接合(Magn...
  • 世界をリードするWPI拠点:E-MRSにおいて材料科学の革新を提案

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... フランスで開催されたE-MRSの2014年春季総会で、専門のスピントロニクス技術について発表する齊藤英治主任研究者。 ヨーロッパ材... 表した。その中の1人であるAIMRの齊藤英治主任研究者は、スピントロニクス技術への最新の取り組みを紹介した。 スピントロニクスで... なデータ輸送や高密度のストレージ性能を可能にする。「スピントロニクス研究の分野においてAIMRは世界有数の研究機関であるので...
  • S 極と N 極が変わる際の摩擦の起源を明らかに

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 東北大学電気通信研究所(RIEC) 東北大学省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター(CSIS) 磁石に電界を加えること... (兼務 東北大学電気通信研究所、東北大学省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター)は、磁石の磁気的摩擦を電気的... 用することで、高機能素子を 実現しようという研究分野がスピントロニクスです。磁石の中ではスピンが集団として振 る舞うことで、...
  • ミクロな磁気構造のゆっくりした変化に統一的理解

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 5日 東北大学 電気通信研究所 東北大学 省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター 東北大学 国際集積エレクトロニ... )電気通信研究所の大野英男教授(同大学省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター(以下、CSIS)・センター長、国... 発』採択課題:「耐災害性に優れた安心・安全社会のためのスピントロニクス材料・デバイス基盤技術の研究開発(研究代表者:大野英男...
  • 研究者詳細

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... aD & ResearchMap 東北大研究者DB 研究テーマ 不揮発性スピントロニクスデバイス(2005-) スピン軌道トルク磁化反転(2012-) ... ナノ磁気構造の静的・動的な性質(2006-) スピントロニクスの新概念情報処理応用(2016-) スピントロニクスヘテロ... 動を初めて実現 2019年09月19日 プレスリリース 室温動作スピントロニクス素子を用いて量子アニーリングマシンの機能を実現 2019年...
  • 電流を曲げるだけで熱制御可能な「異方性磁気ペルチェ効果」を観測

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... いきます。 本研究は、物質・材料研究機構 (NIMS) 磁性・スピントロニクス材料研究拠点 スピンエネルギーグループの内田健一グルー... されています。 一方で、次世代電子技術の有力候補であるスピントロニクス分野 (4) において、電子のスピン(磁気)の性質と電流・... 磁気ペルチェ効果が初めて観測されたことで、熱電分野やスピントロニクスの基礎科学や応用技術のさらなる進展が期待されます。 異...
  • 大野教授が第5回化合物半導体エレクトロニクス業績賞を受賞

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 回の大野教授の受賞理由は「強磁性化合物半導体の創成とスピントロニクスの先導的研究」によるものです。 授賞式は第62回応用物理...
  • 【6/25~27】第12回スピントロニクス国際ワークショップ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... シンポジウム Seminars & Symposium 【6/25~27】第12回スピントロニクス国際ワークショップ 2014年04月23日 12th RIEC Internat... 広報 セミナー・シンポジウム 2014年 【6/25~27】第12回スピントロニクス国際ワークショップ...
  • ありふれた炭化水素から特異な磁気状態「スピン液体」を発現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 造が、前例のない磁気的性質を示し、量子コンピュータ、スピントロニクス、超伝導などへの応用の可能性があることを発見しました...