"スピントロニクス"の検索結果

  • スピントロニクスの未来を見つめて

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... サイト内検索 検索 スポットライト 国際ワークショップ スピントロニクスの未来を見つめて 2015年12月20日 東北大学が設立した高... 等研究機構の新しい研究施設において、スピントロニクス分野の第一級の研究者を招いたワークショップが開催され... 「知の館」で開催された一連のワークショップに参加したスピントロニクス研究者たち。知の館は、AIMR機構長の小谷元子教授の発案...
  • 室温動作スピントロニクス素子を用いて量子アニーリングマシンの機能を実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 室温動作スピントロニクス素子を用いて量子アニーリングマシンの機能を実現 2019年... 09月19日 東北大学電気通信研究所 東北大学先端スピントロニクス研究開発センター 東北大学スピントロニクス学術連携研究... 研究開発センター 東北大学材料科学高等研究所 室温動作スピントロニクス素子を用いて量子アニーリングマシンの機能を実現 発表の...
  • スピン流スイッチの動作原理を発見・実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 機構(JST) スピン流スイッチの動作原理を発見・実証 ~スピントロニクスのトランジスタ開発に道~ 概要 JST戦略的創造研究推進事... 制御するスピン流スイッチの原理を発見・実証しました。 スピントロニクス 注1) は電子の電荷だけではなく、スピンをも利用した... 次世代の情報処理技術です。スピントロニクスを利用したデバイスは、高速かつ不揮発なメモリーや、超...
  • 大野英男教授の研究グループ 3端子型スピントロニクス素子の高信頼性を実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ス Press Releases 大野英男教授の研究グループ 3端子型スピントロニクス素子の高信頼性を実証 2012年06月11日 概要 国立大学法人... 東北大学(総長:里見進/以下、東北大学)省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター及び電気通信研究所の大野英男教... 株式会社(以下、NEC)との産学連携研究により、3端子型スピントロニクス素子の開発を行い、世界で初めて既存の半導体技術と同レ...
  • 塗るだけで出来上がる磁気-電気変換素子

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 機能・特性をもつ次世代省エネルギーデバイスを目指す「スピントロニクス (注2) 」が、近年世界的規模で盛んに行われています... 。スピントロニクスによるデバイス実現のためには、デバイス内に蓄積された... 次世代の省エネルギー電子技術として期待されているのがスピントロニクスです(図1)。エレクトロニクスが電流を利用していたのに...
  • 核スピン由来のスピン流を世界で初めて検出

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 東京大学 核スピン由来のスピン流を世界で初めて検出 ~スピントロニクスに新たな可能性~ 発表のポイント ・原子核の自転運動で... 波(注2)が主な研究対象だった次世代エレクトロニクス・スピントロニクスに核スピンをも利用できる可能性が示唆されました。 概要... 電子や強磁性体中のスピン波が主な研究対象となっていたスピントロニクスという固体素子研究に、核スピンを取り入れる可能性が拓...
  • 新たなスピン流の担い手を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 換が可能になるため、次世代のエレクトロニクスの候補「スピントロニクス」 注1) の重要な要素と期待されています。従来スピン流... す。これらの新たな特徴は、スピノンを積極的に活用するスピントロニクス:スピノニクスとして、スピントロニクスに新たな可能性... クスにおける電流と対比され、スピンを用いた次世代技術スピントロニクスにとって不可欠です。 効率よくスピン流を流すためには、...
  • 異常ホール効果による磁化スイッチングに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... (AIMR) 異常ホール効果による磁化スイッチングに成功 スピントロニクス素子の従来技術とは一線を画す情報書込方法に道すじ 発表... させることに初めて成功。 今後、外部磁場を必要としないスピントロニクス素子における新しい情報書込技術としての進展が期待。 概... 注1) )を積極的に利用し、磁石の方向で情報を記憶するスピントロニクス素子は、半導体エレクトロニクスだけでは難しい機能性(...
  • スピントロニクス: スピン流を定量的に評価する

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト スピントロニクス: スピン流を定量的に評価する 2013年09月30日 スピン流... の詳細な定量的解析によって、スピントロニクスデバイスにおいて見落とされがちな効果の重要性が明らか... n et al. エレクトロニクスは電子の電荷を利用するが、スピントロニクスの分野では電荷に加えて電子のスピンも利用することがで...
  • 金属薄膜のエッジにおける異常な電子スピンの偏りを発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ジにおける異常な電子スピンの偏りを発見 -省エネ・小型スピントロニクス素子開発へ新たな道- 概要 東北大学原子分子材料科学高等... 、電子のスピンの向きを揃えることができるため、次世代スピントロニクスデバイス 注3) の動作メカニズムとして注目されています... め素子の小型化が期待できるなど、小型で省エネルギーなスピントロニクス素子の開発に道を拓くものです。 本成果は、平成27年2月...