"グラフェン"の検索結果

  • 中国に新設されたナノテクノロジーの中核的研究拠点を訪問

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... できると期待される材料である高結晶性三次元ナノ多孔質グラフェンを作製した。 ナノガラスと3Dグラフェン 南京での交流ミ... 教授は、特異な性質を示す高結晶性3次元(3D)ナノ多孔質グラフェンという材料に関する3年間の研究開発の成果を総括した。3... Dグラフェンが持つ電子は、質量のない2Dディラックフェルミ粒子のよ...
  • バンド構造エンジニアリング: 質量ゼロの電子に質量を持たせる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... バイスなどへの応用が期待される。 近年、新奇物質であるグラフェンの中やトポロジカル絶縁体の表面を流れる電子が、材料科... 的電子で、「ディラックフェルミ粒子」と呼ばれている。グラフェンやトポロジカル絶縁体を次世代電子デバイス材料として利...
  • 2015年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... になった 2015年11月30日 リチウム空気電池: 正極触媒をグラフェンでサンドイッチ Published in Advanced Materials 原子1... 態が発見された 2015年09月28日 太陽エネルギー変換: 3Dグラフェンで水蒸気を発生させる Published in Advanced Materials... ナノ多孔質グラフェンのユニークな特性を利用して太陽光で水を加熱し、極めて...
  • トポロジカル物質中の新型粒子を発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... した。 研究の背景 グラファイトから単原子層を剥離したグラフェンにおいて「ディラック粒子」が発見され、これが2010年の... ォークや電子などの基本的な素粒子は全てその一種です。グラフェンにおいては、ディラック粒子は質量がほとんど無いかのよ... 示すという特徴があります。ディラック粒子は、これまでグラフェンやトポロジカル絶縁体の表面などでその存在が確認されて...
  • 原子配置制御による原子層金属/半導体の作り分けに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 力的に行われています。グラファイトを極限まで薄くしたグラフェンが、グラファイトには無い様々な性質を持つことはその典... の層が積み重なった構造をしており、その構造ユニットはグラフェンと類似した六角形をした三角プリズム型であることが知ら... 研究グループは、分子線エピタキシー法 注3) を用いて、グラフェン薄膜上に原子層レベルで精密に制御された高品質な単原子...
  • ディラック線ノードの直接観測に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 質構造科学研究所の堀場弘司准教授らの研究グループは、グラフェンと同じ蜂の巣格子を持つ2ホウ化アルミニウム (AlB 2 )と... 素の隣にあり、ホウ素の蜂の巣格子シートは炭素からなるグラフェン (注7) とよく似た性質をもちます。とくに、蜂の巣格... 子シートに面直に伸びたπ軌道により、グラフェンと同様にディラック粒子を形成します。このディラック粒...
  • 原子1個の厚みの二酸化チタンシートの作製に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... S) 原子1個の厚みの二酸化チタンシートの作製に成功 -グラフェン類似の極薄新材料の誕生- 概要 東北大学原子分子材料科... 化チタン(TiO 2 )シートの作製に成功しました。 近年、グラフェン (*1) をはじめとした原子1個の厚みをもつ原子シート (... まっています。2010年のノーベル物理学賞の対象となったグラフェンは、原子シートの中の電子が非常に高い速度で移動するた...
  • 2016年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 属/半導体の作り分けに成功 2016年10月12日 3次元集積化グラフェントランジスタの動作に成功 2016年10月11日 多孔質グラフ... 反強磁性体の新しい物理と応用を開拓 2016年02月04日 グラフェンの超伝導化に成功 2016年02月04日 貴金属、レアアースを... 技術開発 2016年01月08日 ジグザグエッジの特性を有したグラフェンナノリボンの相互接続 ニュース・広報 プレスリリース 2...
  • 数学と材料科学のハーモニーを生み出すために

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 以来、1991年の円筒状のカーボンナノチューブ、2004年のグラフェンシートなど、ナノカーボンは基礎研究にとっても応用研究... 。その一例が、個々の分子が強い共有結合でつながった、グラフェンに似た大型の材料シートの設計だ。「新しい構造や特性を...
  • 超伝導: 欠けていたピースが見つかった

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 、超伝導になるのかどうか活発に議論されている金属装飾グラフェンについても検討したいと考えている。 References Heguri...