"グラフェン"の検索結果

  • 大環状有機分子から全固体リチウムイオン電池の大容量負電極が誕生

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... った全固体リチウムイオン電池。この新分子材料「穴あきグラフェン分子」は、既存の黒鉛負電極の2倍以上もの電気容量を実現... が示された研究成果です。この新しい分子材料(「穴あきグラフェン分子(CNAP)」)は、汎用されている黒鉛(グラファイト... っているためです。ごく最近、ナノカーボンとも呼ばれるグラフェンやカーボンナノチューブが新しい炭素材料として登場し、...
  • 数理的フレームワークにより微小電線の形成過程を再現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... る新しい数理的フレームワークを構築することにより、「グラフェンナノリボン」という毛髪直径の100,000分の1ほどの微小な... ムワークは機械学習、数理モデルを組み合わせたもので、グラフェンナノリボンの形成過程に生じる分子配列の予測が可能にな... 微小エレクトロニクスへの道を拓くことが期待されます。 グラフェンナノリボンは、平面状のグラフェン(※1)を細く切り出し...
  • リチウム空気電池: 正極触媒をグラフェンでサンドイッチ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 検索 リサーチハイライト リチウム空気電池: 正極触媒をグラフェンでサンドイッチ 2015年11月30日 原子1個分の厚さしかない... 気電池の性能が向上することが明らかに 2層の窒素ドープグラフェンの間に酸化ルテニウムナノ粒子(赤色の球)を挟んで正極... 電式リチウム空気電池の正極にナノ粒子触媒を担持させたグラフェンを用いることで性能を著しく向上することに成功した。 リ...
  • グラフェン: 白金を使わない高性能な水素発生電極

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト グラフェン: 白金を使わない高性能な水素発生電極 2015年03月30日... 3次元ナノ多孔質グラフェンに窒素と硫黄をドーピングし、欠陥を形成させることによ... (赤色)と硫黄(緑色)をドーピングした3次元ナノ多孔質グラフェンの構造。枠内は、考えられる反応機構を表す。 許可を得て...
  • シリセンの基盤電子構造解明

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 北大学 大学院理学研究科 シリセンの基盤電子構造解明 -グラフェンを越えるシリセンの新機能開拓に道- 概要 東北大学原子分... 研究所の中野秀之主任研究員らの研究グループと共同で、グラフェンを越えると期待されている新材料シリセンの層間化合物Ca... 枚の原子シートで、炭素からなる同様な原子シートであるグラフェンを越える新材料として近年盛んに研究が行われています。...
  • 鉄系超伝導体: グラフェンに似ている!

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... サイト内検索 検索 リサーチハイライト 鉄系超伝導体: グラフェンに似ている! 2010年08月30日 研究者らは、鉄系超伝導化合... 物とグラフェン炭素との注目すべき類似点を発見した 図1: BaFe 2 As 2 ... れらの超伝導体が、最近注目を集めているもう1つの物質、グラフェン(炭素薄膜)と似た特徴を示すことを予想した研究者は、...
  • グラフェン: ボトムアップ型アプローチでカスタマイズ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト グラフェン: ボトムアップ型アプローチでカスタマイズ 2014年12月... を制御することで、未来のデバイスへの応用が期待されるグラフェンナノリボンを高い精度で作製することができた 銅表面で自... 己集合によって形成したグラフェンナノリボンの走査トンネル顕微鏡像。右上の差込図の高分...
  • リチウム電池: 貯蔵容量を増大させる電極

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 電池: 貯蔵容量を増大させる電極 2019年04月26日 多孔質グラフェン材料は大量のリチウムを貯蔵・放出できる 窒素ドープナノ... 多孔質グラフェンは表面積が非常に大きく、このことがリチウムの貯蔵に役... ei Chen)教授が率いるチームは、窒素ドープナノ多孔質グラフェンでできたアノードが、グラファイトのアノードよりもはる...
  • 2016年

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... が、数理解析により明らかになった 2016年12月26日 3次元グラフェン: 大量の電子を蓄えるスポンジのようなナノ材料 Publis... hed in Advanced Materials ナノ多孔質グラフェンをイオン液体で満たすことによって、非常に優れた応答性... 明に貢献 2016年09月26日 リチウムイオン電池: 「穴あきグラフェン分子」の負電極で大容量 Published in Small 大容量でよ...
  • シリセン: バンド構造にディラック・コーンを発見

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 物を作製して電子状態を評価することにより、この材料がグラフェンと似た電子特性を持っていることが明らかになった 上図:... 学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)の研究者らは、グラフェンに似た構造を持つ新材料シリセンが、電子特性もグラフェ... 高速電子デバイスに応用できる可能性を示した。 ケイ素のグラフェン状物質であるシリセンは、理論的には非常に魅力的な材料...