"グラフェン"の検索結果

  • 電極触媒反応: グラフェン電極の新製法で触媒特性も向上

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... サイト内検索 検索 リサーチハイライト 電極触媒反応: グラフェン電極の新製法で触媒特性も向上 2017年03月27日 少量の窒... 素、硫黄、リンの導入が、ナノ多孔質グラフェン電極の水素発生能を高める 微量の窒素、硫黄、リンを導入... した多孔質グラフェンを用いた電極は、水を電気分解して水素を発生させる能力...
  • リチウム空気電池: ナノ多孔質グラフェンで超大容量化を実現

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 検索 リサーチハイライト リチウム空気電池: ナノ多孔質グラフェンで超大容量化を実現 2016年03月28日 三次元構造をもつナ... ノ多孔質グラフェンをリチウム空気電池の正極に使用することによって、従来... オン電池の100倍の電気容量が実現可能になる ナノ多孔質グラフェンを正極に用いることによって、空気中の酸素を「呼吸」す...
  • ミクロな世界のサンドウィッチ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 克明助教、一杉太郎准教授、高橋隆教授らの研究グループ グラフェン層間化合物の作成に初めて成功 概要 東北大学原子分子材... 層の間にカルシウム原子を挿入(サンドウィッチ)した2層グラフェン層間化合物の作成に世界で初めて成功しました。この成果... は、グラフェンを用いた高効率なマイクロバッテリーや超薄膜超伝導デバ...
  • グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメージングにより初めて実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... sh サイト内検索 検索 プレスリリース Press Releases グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメ... マックスプランク高分子研究所 国立大学法人 金沢大学 グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメ... な水素製造技術の加速へ 発表のポイント 数学的な観点でグラフェン(注1)のエッジ構造を捉え、窒素およびリンを化学ドープ...
  • グラフェン: 水素経済の可能性を開く

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト グラフェン: 水素経済の可能性を開く 2018年02月26日 グラフェンシ... 炭化ケイ素基板(オレンジ色と青色の球)上に成長させたグラフェン層(青色の球からなるシート)に水素原子(赤色の球)が... ムによる高分解能分光研究によって、条件を制御しながらグラフェンシート(原子1個分の厚さの炭素の層)を水素ガスにさらす...
  • 太陽エネルギー変換: 3Dグラフェンで水蒸気を発生させる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 内検索 検索 リサーチハイライト 太陽エネルギー変換: 3Dグラフェンで水蒸気を発生させる 2015年09月28日 ナノ多孔質グラフ... できる再生可能エネルギー装置が開発された 3Dナノ多孔質グラフェン材料を水に浮かべて太陽光を照射すると、水は毛管現象に... した 1 。この装置に使われている3次元(3D)ナノ多孔質グラフェンは、光を吸収するだけでなく、水を高温領域に移動させて...
  • グラフェン: 3次元ナノ細孔で触媒反応を成功させる

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト グラフェン: 3次元ナノ細孔で触媒反応を成功させる 2014年10月27日... 窒素をドープした3次元ナノ多孔質グラフェンが、白金などの高価な金属触媒を必要としない燃料電池や... リチウム-空気電池を可能にするかもしれない 3次元グラフェン構造体の微小なナノ細孔は、触媒反応サイトとしてグリー...
  • ナノ多孔質グラフェン: 高い強度と柔軟性を兼ね備える

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ish サイト内検索 検索 リサーチハイライト ナノ多孔質グラフェン: 高い強度と柔軟性を兼ね備える 2019年07月29日 ナノ多... 孔質グラフェンでできた超軽量三次元構造体において優れた引張強度と延... 性が実現された このグラフェン系ナノ多孔質構造体は、高い引張強度と延性を兼ね備えて...
  • 貴金属触媒を使わない水素発生電極の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R) 貴金属触媒を使わない水素発生電極の開発 -多孔質グラフェンで、水素を低コストで大量に発生- 研究成果のポイント ... 使用されている。 窒素と硫黄を導入した3次元ナノ多孔質グラフェンを水素発生電極に使用し、白金代替のニッケルと同等の水... 機構の伊藤 良一助教、陳 明偉教授らは、3次元構造を持つグラフェンによる高性能な水素発生 注1) 電極を開発しました。 水...
  • ジグザグエッジの特性を有したグラフェンナノリボンの相互接続

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... リリース Press Releases ジグザグエッジの特性を有したグラフェンナノリボンの相互接続 2016年01月08日 東北大学原子分子... 料科学高等研究機構(AIMR) ジグザグエッジの特性を有したグラフェンナノリボンの相互接続 -グラフェンをベースとした超高速... 教授らの研究グループは、ジグザクエッジを有する二つのグラフェン・ナノリボン(GNR)の端と端を、その電気特性を保持した...