"グラフェン"の検索結果

  • 腐食耐性があり水素発生効率の高い卑金属電極を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... があり水素発生効率の高い卑金属電極を開発 ~穴の空いたグラフェンが卑金属の性能を引き出す~ 研究成果のポイント シリカ... 着させたニッケルモリブデン卑金属 注1 多孔質合金の上にグラフェン(炭素の単原子シート)を蒸着することで、ナノサイズの... 穴の空いた3次元構造を持つグラフェンで覆われた卑金属電極の作製に世界で初めて成功しました...
  • 高い電気伝導性を持った3次元グラフェンの開発に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... スリリース Press Releases 高い電気伝導性を持った3次元グラフェンの開発に成功 2014年04月07日 東北大学 原子分子材料科学... 科学技術振興機構(JST) 高い電気伝導性を持った3次元グラフェンの開発に成功 -3次元炭素材料では困難だった高い伝導性... 、菅原克明助教の協力を得て、新規材料「3次元ナノ多孔質グラフェン」の開発に成功しました。これまで3次元炭素材料は非結晶...
  • 多孔質グラフェン電極の量産化が視野に

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... イト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 多孔質グラフェン電極の量産化が視野に 2016年10月11日 東北大学 原子分子... 材料科学高等研究機構(WPI-AIMR) 多孔質グラフェン電極の量産化が視野に -金属を使用しない水素発生装置へ... 、ワンステップで大量作製が可能な3次元構造をもつ多孔質グラフェン作製手法を開発し、またその多孔質グラフェンから水素発...
  • 黒鉛からグラフェン分散液を作製する簡便で安全な方法を開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ト内検索 検索 プレスリリース Press Releases 黒鉛からグラフェン分散液を作製する簡便で安全な方法を開発 2015年04月13日... 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR) 黒鉛からグラフェン分散液を作製する簡便で安全な方法を開発 —細胞培養の効... 率化などグラフェンの生物医療分野への応用へ前進- 概要 東北大学原子分子材...
  • グラフェンの超伝導化に成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... sh サイト内検索 検索 プレスリリース Press Releases グラフェンの超伝導化に成功 2016年02月04日 東北大学原子分子材料... 大学院理学研究科 東北大学学際科学フロンティア研究所 グラフェンの超伝導化に成功 -“質量ゼロ”の電子が“抵抗ゼロ”で流れ... の一ノ倉聖大学院生と長谷川修司教授の研究グループは、グラフェンを超伝導にすることに成功しました。グラフェンは内部に...
  • 太陽光を活用した高効率水蒸気発生材料の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 太陽光を活用した高効率水蒸気発生材料の開発 -多孔質グラフェンを用いた太陽熱エネルギーの高効率利用へ- ポイント 太陽... の水蒸気を発生させた。 窒素を導入した3次元ナノ多孔質グラフェンを吸収剤として使用することで、効率よく吸収し、水を局... )の伊藤 良一 助教、陳 明偉 教授らは、3次元構造を持つグラフェン 注1) を用いた高性能な水蒸気発生材料を開発しました...
  • グラフェンの電子状態を制御することに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... sh サイト内検索 検索 プレスリリース Press Releases グラフェンの電子状態を制御することに成功 2015年04月06日 グラフ... 太助教、菅原克明助教、高橋隆教授、一杉太郎准教授は、グラフェンを二層重ねた物質(二層グラフェン)の間にカルシウム原... 子を挿入(サンドウィッチ)した二層グラフェン化合物について、それを形成する下地基板の特性を利用し...
  • 大容量の蓄電が可能な「リチウム空気電池」用電極材料の開発

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 能な「リチウム空気電池」用電極材料の開発 -ナノ多孔質グラフェンとルテニウム系触媒が鍵- ポイント リチウムイオン電池の... 「リチウム空気電池」の開発に成功した。 高性能な多孔質グラフェンと触媒により長寿命と大容量を実現。 1回の充電で500㎞以... AIMR)の陳 明偉 教授らは、3次元構造を持つナノ多孔質グラフェン 注1) による高性能なリチウム空気電池 注2) を開発し...
  • グラフェン: カルシウムを加えて超伝導化

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... R基金 English サイト内検索 検索 リサーチハイライト グラフェン: カルシウムを加えて超伝導化 2016年07月25日 2層のグ... 発現した シリコンカーバイド(SiC)基板上に作製した2層グラフェンの層間にカルシウム原子を挿入すると、超伝導が発現した... 。 図中文字 Ca atom: カルシウム原子 Graphene: グラフェン SiC substrate: SiC基板 © 2016 Takashi Takahashi グ...
  • グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメージングにより初めて実証

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... sh サイト内検索 検索 プレスリリース Press Releases グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメ... マックスプランク高分子研究所 国立大学法人 金沢大学 グラフェン構造を数学的観点から設計し、その優位性を電気化学イメ... な水素製造技術の加速へ 発表のポイント 数学的な観点でグラフェン(注1)のエッジ構造を捉え、窒素およびリンを化学ドープ...