"カルコゲナイド"の検索結果

  • 相変化メモリー: 超高速スイッチングで隠れた性質が見えてきた

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 立つことが期待される 超高速熱量計のステージ。この上にカルコゲナイド材料AISTのサンプルを載せて高速加熱を行った。 © 2015 ... 学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)の研究者らは、カルコゲナイドガラスという特殊なガラスの結晶化速度を調べることによ... スオーバー」が起きていることを発見した。この発見は、カルコゲナイドガラスを次世代コンピューターメモリーセル用に最適化す...
  • 最強のタッグ

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... )とケンブリッジ大学が築いてきたパートナーシップは、カルコゲナイド、金属ガラス、水素材料などのエキゾチック材料の開発に... i Orava助手は、不揮発性メモリーへの応用が期待されるカルコゲナイドという化合物群を研究している。 ガラスは「原子や分子が... トリサーチセンター(AJC)の研究者たちは、純粋な金属やカルコゲナイドという化合物群など、結晶化しやすい液体を探索している...
  • 超伝導体: 意外なところに超伝導

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 高い温度には思えないかもしれないが、他のランタンモノカルコゲナイド(LaX;ここでXはイオウ、セレン、テルルのいずれか)がい... ば、はるかに高いといえる。また、LaOは他のランタンモノカルコゲナイドが示す化学的な傾向には従わない。他のランタンモノカル... 酸化物 超伝導体 岩塩 エピタキシャル薄膜 転移温度 モノカルコゲナイド Tweet リサーチハイライト一覧へ 研究 研究者・研究室...
  • 水素発生触媒のナノスケールの触媒活性サイトを電気化学的にイメージングすることに成功!

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 水素発生反応(HER)の触媒として期待されている遷移金属カルコゲナイドナノシート( ※2 )の触媒活性サイトを電気化学的にイメ... す。二硫化モリブデン(MoS 2 )をはじめとする遷移金属カルコゲナイドナノシートは,非常に安価で大量に作製が可能であり,白金... ています。このような中で,MoS 2 をはじめとする遷移金属カルコゲナイドのナノシートは,非常に安価であり,Ptに代わる水素発生反...
  • 二次元材料: 原子シート材料にも三次元構造がある

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... ロニクスへの応用には限界がある。その点、遷移金属ダイカルコゲナイド(transition-metal dichalcogenide;TMD)という二次元材... 著者から提供されたものです。 キーワード 遷移金属ダイカルコゲナイド MoS 2 電子線回折 二硫化モリブデン TMD 動的散乱 Twe...
  • 分野や国を超えた連携とその相乗効果を求めて

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... あるAlan Lindsay Greer教授だ。Greer教授は、ポリマー、カルコゲナイド、金属、合金など、さまざまなガラス形成系の結晶化研究...
  • 原子配置制御による原子層金属/半導体の作り分けに成功

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... トグラフェンとして大きな注目を集めている遷移金属ダイカルコゲナイドのひとつであるNbSe 2 について、局所構造の原子配置を制...
  • DVD/ブルーレイディスク材料合金が超高速で相変化するメカニズム

    AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 アクセスマップ 研究 研究者・研究室一覧 研究分野 3つの... 換型光ディスクのデータ記録層として広く用いられているカルコゲナイド系光相変化物質Ge-Sb-Te(以下,GST)は,ナノ秒(ns: 10 ...
  • AIMR_Magazine_08_jp.pdf

    Ad va nced I nsti tute fo r Mate r i al s Resea rc h M AG A Z I N E Vo l . 元 [ 特 素 集 ] Iss... 研究員 AIMR 助手) ( と私は 「動作温度範囲 におけるカルコゲナイ ド液体中の結晶成長速度の定量化 」 グリア 昨年も、 オ...