デバイス/システムグループ(折茂研究室)ポスドク募集

材料科学・固体イオニクス・電気化学・数理科学などをベースに、リチウム、ナトリウム、マグネシウムなどのイオン伝導性水素化物の開発およびデバイス化に従事する。具体的には、①超イオン伝導性水素化物の開発、②イオン伝導特性の評価、③イオン伝導機構の解明、④全固体電池の作製のいくつかを担当する。

募集要項

ポジション ポスドク
求人人員 1名
任期 1年(1年ごとに契約し、双方の合意・予算の状況・大学の規定により契約更新の可能性あり。ポスドクの場合、通常、通算3年間まで。)
着任時期 2019年10月目途(応相談)
応募締切 採用者を決定するまで継続
研究分野 材料科学・固体イオニクス・電気化学・数理科学
応募資格 ・博士の学位を有すること。
・充分なコミュニケーション能力を有し、研究発表および論文執筆の能力があること。
・チーム内で協力して研究ができ、異分野との共同研究にも前向きに取り組めること。
・以下の項目のうち少なくともひとつの項目に関する研究・開発経験があること。
(a)金属・無機系水素化物、(b)固体電解質、(c)二次電池(特にリチウムイオン電池)
雇用形態 ・常勤
・給与:東北大学規定による
・勤務地:東北大学材料科学高等研究所(AIMR)
(仙台市青葉区片平2-1-1東北大学片平キャンパス)

(備考)
東北大学は共同参画を推進しており、多様な人材の積極的な応募を歓迎しています。また、東北大学には、全学教職員が利用できる川内けやき保育園(定員30名)・青葉山みどり保育園(定員100名)、および星陵地区の方が利用できる星の子保育園(定員120名)の、全国の国立大学の事業所内保育施設として最大規模の保育環境が整っています。また、大学内病院内に軽症病児・病後児保育室もあり、全学教職員が利用できます。
その他、本学の両立支援、研究支援等の詳細及び共同参画の取組については、下記の男女共同参画推進センターWEBページをご覧ください。
http://www.tumug.tohoku.ac.jp/
提出書類 (1)履歴書
(2)業績リスト
(3)これまでの研究業績の概要および今後の研究計画(各1ページ)
(4)紹介可能なかた2~3名の氏名および連絡先
※応募書類は、選考の目的以外には使用いたしません。また、返却はいたしません。
提出方法 PDFを下記E-mailに添付して提出
※タイトルに【折茂研究室・ポスドク応募(氏名・現所属)】と記載のこと。
提出先 orimo@imr.tohoku.ac.jp

問い合わせ先

折茂慎一

東北大学材料科学高等研究所(AIMR)副所長・教授

電話: 022-215-2093

E-mail: orimo@imr.tohoku.ac.jp