研究支援センター

AIMRでは、材料科学、物理学、化学、工学、数学など幅広い分野の研究者が集い、新しい材料科学創出のための基礎研究、ならびに社会に貢献する新しい機能性材料の創製を行う取り組みを推進しています。このような分野融合の研究では、挑戦的な新しいテーマが設定されるため、各研究室に既存の研究環境だけでは対処できない問題が頻繁に発生します。そこで、機構として共通で利用可能なサポートを提供し、新テーマを遅延なく推進できる環境を整備する必要があります。またAIMRは、世界に開かれた研究拠点形成をミッションとしており、海外からの短期滞在研究者を積極的に受け入れています。そのような研究者が到着後すぐに研究を開始できるようにするためにも、共通機器等を整備しておくことが不可欠です。

そこで研究支援センターでは、海外からの短期滞在者も含めたAIMRで研究を行うすべての研究者が、その活動を円滑かつ迅速に行えるよう、技術的、及び運営的な支援を提供しています。共通機器ユニット、計算支援ユニット、数学連携ユニットによる研究環境の整備、研究者支援室による若手研究者のスキルアップ支援や日常生活サポートによって、研究活動の効率化が図られており、たとえ短期滞在研究者であってもAIMRではすぐに研究に着手することができる体制が整えられています。

共通機器ユニット

本ユニットは、共通機器を中心とした実験環境の整備を目的として設けられています。専任のテクニカルコーディネーター(熊代良太郎助教)により運営されており、AIMR共通機器の管理運用、および実験装置に関する研究者支援を業務としています。

計算支援ユニット

開発や解析環境等、計算機に関わる共通インフラの提供から、計算手法のコンサルテーション、更には外部の計算科学コミュニティとの連携支援まで、多層的な支援を行い、材料科学の新規アプローチの開発を支援します。

数学連携ユニット

数学連携ユニットでは、機構内の材料科学者が様々な数学分野の情報を得たり、機構外の数学者との交流を開始できるよう支援を行っています。特に、東北大学応用数学連携フォーラム(AMF)と合同でセミナーを開催するなど、当ユニットが中心となって機構外の数学者との連携を積極的に行っています。

研究者支援室

シニアメンターが、プレゼンテーションのトレーニングや論文執筆に関するアドバイスなどを通じて、特に若手研究者の育成を行います。また、事務手続きに関する要望の窓口となる事務職員を各研究室に割り当てることで、研究から家族の生活に関する事項まで、あらゆる事務手続きをワンストップサービスで行える体制が整っています。つまり、各研究者が「あの人に聞けば事務手続きのことはすべて答えてくれる」という思いを抱き、安心して研究に専念できる環境が用意されています。