外国人研究者のために

学校

日本では、6歳から12歳までの小学校(6年間)と12歳から15歳までの中学校(3年間)を合わせて15歳までが義務教育です。その後、多くの子どもたちは高等学校(3年間)へ進みます。高校卒業後は、短期大学(2年間)/大学(4年間)や専門学校へ進学、または就職します。半数以上の子供たちがなんらかの就学前教育(保育園、幼稚園など)を受けます。日本の学校年度は4月から始まります。

小学校・中学校:小学校や中学校に入学または編入を希望する場合、公立を選ぶか私立を選ぶかの選択肢があります。公立は基本的に無料(教科書以外の教材、給食、制服などは有料)です。 公立を希望する場合はお住まいの市町村の役所で入学手続きをして、そこで指定された学校に入ることになります。原則として就学年齢相当の学年に入ることになりますが、日本語能力などの事情から一時的に下の学年から始めることもできます。多くの学校では日本語が不自由な子供に日本語の指導を行っています。詳しくは学校の先生か市町村の教育委員会に相談してみてください。

高等学校:高校は義務教育ではないので、公立私立とも費用は自己負担です。また入学するためには入学試験に合格しなければなりません。公立高校の場合は住んでいる地域によって志願できる高校に制限があります。希望する学校へ直接問い合わせてください。

保育所・幼稚園:就学前教育には大きく分けて、0歳児から5歳児までを終日預かる保育園と3歳児から5歳児までを半日預かる幼稚園がありますが、実際のサービスは多様です。
保育所は、保護者が働いている等の理由により、保育が欠ける子供を預かり養育することを目的とした施設で、開所は7時から19時までが一般的です。公立と私立があり、また認可と無認可があります。認可保育所の申し込みは区役所で、保育料は世帯収入により決定します。
市内にはそれぞれの特徴を持った幼稚園が多くあります。応募・問い合わせは直接各幼稚園へお願いいたします。

仙台市

(日本語) 仙台市HP(新しいタブで開きます)
のびすく 子育てふれあいプラザ(新しいタブで開きます)
(外国語) 仙台市HP(新しいタブで開きます)

仙台市教育委員会

(日本語) 仙台市教育委員会(新しいタブで開きます)

英語での教育:市内には、下記のようなインターナショナルスクールがあります。

イマージョンプログラムを受けられる明泉幼稚園があります。

また、東北大学には教職員の子どもを預かる「川内けやき保育園」があります。

(日本語) 東北大学男女共同参画委員会(新しいタブで開きます)
(日本語、学内限定) 川内けやき保育園(新しいタブで開きます)